伝わるデザインシステムをつくる

デザインシステムをつくることって難しいですよね。

たとえつくったとしてもちゃんとメンバーに伝わらないと意味のないデザインシステムになってしまいますし...。

ではどんな内容があれば伝わるのでしょうか?
まとめてみました。

そもそもデザインシステムを作る目的とは?

デザインシステムはなぜ作るのでしょうか?

僕は目的として2つあると思っています。

1つは「ブランドイメージに一貫性を持たせる

もっとみる

デッサンのメリット

「デッサンは...もしや全人類がやるべき勉強なのでは...。」

と、ある日のデッサン教室で思いました。

そんなデッサンのメリットについて簡単にまとめてみました。

全人類と書きましたが、なんとなくですけどデザイナー向けに整理しています。

視点切り替えによる観察

よく言われることかもしれませんが、デッサンは観察の連続です。
というか「デッサン=観察」と言っても過言ではないです。

デッサンで

もっとみる

Material Design を学ぶ

Material Designは辞書のように重厚でとっつきにくいです。

自分の場合、導入してみようと試みたものの、まず何から手をつければ良いのか分かりにくかったです。

今回はそんなMaterial Designを学ぶために行ったことや、実践において個人的に特に難しかったElevationの設定方法についてご紹介します。そんな重い内容ではないので、ササッと読んでもらえると嬉しいです。
(Mate

もっとみる

チームで「デザインとは?」を考えるためにCAMPに行ってきました

以前下記の記事で告知していたajikeデザイナーチームCAMPの詳細の内容を公開します。当日の様子だけでなく、CAMP実施の背景など全てまとめました。

今回のCAMPは、UXデザインカンパニーであるajikeが「社会」や「ユーザー」の課題に対して、多角的な視点から解決策を発見し、幅広い領域に対応したUXDを実現するための一貫として実施しました。

CAMP実施の背景

今回訪れたキャンプ場。(詳

もっとみる

クライアントと一緒にUIのプロトタイプを考えると効率的

こんにちは。ajikeのデザイナー石橋です。

今回の記事は、以前私が書いた↓↓こちらの記事の続きにあたる内容です。
「機能を考えたいけど、なかなかクライアントと前提条件やペルソナの認識が合わない、、」
なんて人向けに書いてみました。

はじめに

今回は、私の経験則による内容ですが、クライアントと一緒に対面でプロトタイプを組んだら、めちゃくちゃ効率的だったよ、というお話です。
自分のための備忘録

もっとみる