人生をかけて取り組んだ、たったひとつのこと 【世界への扉Vol.01】

こんにちは!田才諒哉(@ryoryoryoooooya)です。

いよいよ今回から本格的な連載をスタートしたいと思います!

連載にいたった経緯は、前回のnoteをご覧ください。


Chapter 1. 国際協力をはじめたきっかけ

さて、まずは「国際協力をはじめたきっかけ」についてお話させていただきます。

ぼくは20歳になるまで、国際協力には、これっぽっちも興味がありませんでした。パスポートも持っておらず、当然海外にも行ったことはありません。高校時代は理系で、当時の将来の夢は数学の先生になり、安定した暮らしをすることでした。

そんなぼくはいま、国際協力を仕事にし、20歳までの人生とは真逆の暮らしを送っています。

なにがきっかけで人生が大きく変わったのか?

さっそく本題に入りたいところなのですが、その話をする前に、なぜこうしてnoteで発信をしているのか?その想いを知っていただきたく、ちょっとだけ、昔の話をします。

ぼくはこれまで、人生をかけて取り組んでいたものが、たったひとつだけあります。

この続きをみるには

この続き:1,734文字

人生をかけて取り組んだ、たったひとつのこと 【世界への扉Vol.01】

田才諒哉 |Ryoya Tasai

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

現在NPO設立準備中!サポートいただいた資金は、国際協力に関わることに大切に使わせていただきます。

4

世界への扉|国際協力日記

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。