僕らが有料コンテンツを始めたワケ。

どもども、さくぽん&ヤマケンコンビです。

今回のテーマは「僕らが有料コンテンツを始めたワケ」です。

例によってこちらの記事も有料です。1,000円のマガジンを購入された方が絶対オトクです。

マガジンはこちら↓

さくぽん&ヤマケンのブログでは言えないこと。

それでは、早速中身に入っていきます!

*今回はほとんど無料で閲覧できますので、ぜひ!

-------------------------------------------------------------------------------------------------------

有料コンテンツを始めた理由

さくぽん:今回は「なんで有料コンテンツを始めたのか」これにしましょう。

ヤマケン:ほいほい。思えばちゃんと説明したことなかったな、有料コンテンツについては。

さくぽん:そうですね。ここまでで約10本くらい書いてきました。2人で涙した日のこととか、僕らの資金源についてとか。おかげさまで28名の方に購読して頂いてます。ありがとうございます!

ヤマケン:そんなに!

タダのハゲたデブと大学生みたいな奴の僕らの話を買ってくれる方がいるのにビビるわ。タダのハゲたデブだけど、皆ありがとう。

さくぽん:タダの禿げて足の臭いデブだけどな!ありがとうございます!

っで、なんで始めたのかっていうところを。今回はほとんどの部分を無料で公開していこうと思います。

ヤマケン:急に悪口言うのやめろよ。

結構大事な部分だもんね。そもそもなんでnote書こうってなったんだっけ?

もっとラフに、真面目に、言いたいことがストレートに言えるように

さくぽん:おかげさまでブログの閲覧者がすごく増えてくださって。

ただ、それと同時になんかもっとラフに、言いたいことが言える場所が欲しいなーと思った感じだった気がします。

ヤマケン:そうだねー。調子乗るわけじゃないけど、僕らのキャラを好き好んでくれる奇特な方もいらっしゃって(笑)

そういう人達にもっと僕らを知ってほしいなぁなんてのを思った覚えがあるな、俺。

さくぽん:うん。とある記事のコメントに「ちょっと表現がかるすぎませんか?」というコメントがあって。それはそれでごもっともだなーと反省したんだけど、うーん。なんだかなー。と思ったのも事実で。

もっと自分たちらしい姿を、よりコアな人に届けたいなーと思いました。

ヤマケン:あー。そういうコメントも頂いてたね。

僕らにくれるコメントの多くは、僕らの事を慮ってくれる意志を凄く感じるから有り難いけど。

でも、僕らのスタイルや想いもあったり。難しいところではあるんだけど。

さくぽん:そうそう。今、1ヶ月で15万人以上の人にブログを読んで頂いていて。もうここまで来ると全員に100%喜んでもらえるものはちょっと難しいのかなーと。

この有料コンテンツだって、残念に思った人もいらっしゃると思いますし。

ただ、その反面有料コンテンツを購読してくださった方からは「変なフィルターなく2人の思いが伝わるのですごくいいです」っと言ってくださる方もいて。

ヤマケン:ちとネガティブなニュアンスで伝わっちゃうかも知れないけど、もともと「変なフィルター」が掛かって僕らの情報を受け取った人から批判を受ける事が結構あって。

「それならもう何も言わないでおこう」的な感じも一時期あったんだけど、でもせっかく好いてくれる人がいるなら、洗いざらい話したいなとも思って。

さくぽんがどう思ってたか分からんのだけど、個人的にはそんな事を思ってた感じだね。

まぁ当時は批判に対してムキーってなってたけどね(笑)

さくぽん:うん。それもあるよね。

意外と見てる人がたくさんいて。見てるなら見てるって言ってくれればいいのになーなんて思ったり。まぁでもそれは個人の自由かーって思ったり。
あとは、あいつらブログでこんな生意気なこと言ってたよっていう陰口があったり(笑)

ヤマケン:そんな話もありましたなー。今もあるのかもしれんけど。(笑)

ブログと有料コンテンツとのすみ分けは・・・”キャンプ”

そんなこんなで有料コンテンツが始まった訳です。さくぽん的にnoteとブログのすみ分けってどんな感じ?

さくぽん:基本的に、キャンプに関することはブログで誰でも読めるようにしてます。もともと、もっとキャンプが広まって欲しい!という思いでやっているので、キャンプの情報はブログで誰でも見れて。

noteは僕らの精神性というか、人間性に興味を持っていただいた方に、ラフなことも、ちょっと真面目なことも、本音を言える場所にしたいなーと思ってます。

ヤマケン:うんうん。

最近全然ブログを更新してない俺が言うのもなんだけど、有料コンテンツを始めたけど、ブログのほうの更新をやめるわけじゃないです。

単純に話す内容を分けてるだけで。

まぁ、noteの方は結構ぶっちゃけちゃってるよね。僕らのスタイルの話とか、旅の最中で涙した日の話とか。

さくぽん:そうそう。なので、キャンプの情報が知りたい人はnoteを購読しない方がいいですよ!(笑)

男2人で脱サラして、好きなことを仕事にしようとして、日本一周の旅に出て。
そこで感じたことをnoteでは書いているので、気になる方はどうぞ(笑)

ヤマケン:しない方がいい(笑)

俺が意味もなく怒ってるみたいな内容が多い気もするけど、気になる方はどうぞ!(笑)

さくぽん:そんな感じで書いているnoteであります!

最後に、ここから有料になる僕の本音を一言だけ言っても良い?(笑)

ヤマケン:え。なにそれ怖い

この続きをみるには

この続き:585文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

キャンプのことや、旅のこと、くだらない人生の悩みなんかも。 誰でも見れるブログでは言えないことを不定期で綴ります。

または、記事単体で購入する

僕らが有料コンテンツを始めたワケ。

Sakuma Ryosuke

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

無料でできる応援、SNSでのシェアをお願いします!もしくは、これからキャンプを始めようとしている方に僕たちのことを教えてあげてください。全力でサポートします!

3

Sakuma Ryosuke

キャンプを仕事にしている28歳。キャンプブロガー、キャンプコーディネーターです。https://camp-in-japan.com

さくぽん&ヤマケンのブログでは言えないこと。

キャンプのことや、旅のこと、くだらない人生の悩みなんかも。 誰でも見れるブログでは言えないことを不定期で綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。