デザイナーがクラウドソーシングで稼げるようになるまで&獲得報酬の内訳すべて公開!

札幌でフリーランスのデザイナーとして活動しています(@rrr_graphic

フリーランスのみならず一度は耳にしたことがあるであろうクラウドソーシングですが、「なかなか思うように稼げない」などネガティブな声がよく聞かれます。特にデザイナーにおいては試してみたけど全然稼げなくて続かなかったという人をたくさん見てきました。

かく言う自分も2012年7月にランサーズを使い始めたのですが、使い始めて4ヶ月くらいは思うように結果が出ず心折れかけた時期がありました…

それでもめげず自分なりに試行錯誤した結果、利用6年間でこのような実績(ランサーズ)を残すことができ、もともと独立志向など全くなかった自分が今こうしてフリーランスとして活動できるまでになりました。

自分にとっては人生を変えてくれたサービスと言っても過言ではないくらいクラウドソーシングには感謝していて、もっとこの市場を盛り上げたいという想いでTwitter上でノウハウを発信したり、地元札幌で小規模ですがセミナーを行ったりしています。

ですが、Twitterやセミナーだといろいろ制約があってリアルな部分や核心を突いた内容をなかなか伝えられずにいました。
そこで今回、デザイナー界隈で活発なnoteで今まで伝えられなかったリアルな面をぶっちゃけて公開します!


今回公開する内容はこちら!


・クラウドソーシング利用6年間で自分がしてきたこと

・クラウドソーシング利用6年間の報酬推移

・受注した案件の内容とその報酬をすべて公開

大きく分けてこの3つをテーマとした内容となっております。


クラウドソーシングの活用法について発信している人は他にもたくさんいるのでネットで探せばある程度の情報は手に入るかと思います。
ただ、現在世に出回ってるのは職種関係なくクラウドソーシングを使う上での基本的なノウハウみたいなものばかりで、「デザイナー」という職種に絞って発信された情報はほとんど見当たらないと思います。(ライター向けの情報なんかはけっこう豊富ですが)

それもあってネットで調べた情報だけではデザイナーがどのようにクラウドソーシングで稼げるようになるかを具体的にイメージしにくいということがあると思います。

そこで今回はデザイナーである自分がこれまでクラウドソーシングを利用してきたリアルな内容をお伝えすることで、クラウドソーシングをまだ使ったことがないデザイナーや、今まであまり良いイメージを持っていなかったデザイナーの人たちが「自分もやってみようかな」と少しでも思ってもらえたら良いなと思っていますし、それによってクラウドソーシング市場が少しでも活気付けば最高だなと思っています。

ただしこれまで有料でセミナーなど行っていた手前、大変恐縮ながら今回は有料記事(500円)ということで公開させていただきます。
また、あくまでデザイナーである私個人の実体験に基づいた活用法になるので万人に当てはまる方法とは断言できません。それでも何かのきっかけになるのではないかと思っているので、ご興味ある方はぜひ購読いただけますと幸いです。


前置きが長くなってしまいましたが早速本題に入っていきたいと思います。


この続きをみるには

この続き:9,369文字/画像7枚

デザイナーがクラウドソーシングで稼げるようになるまで&獲得報酬の内訳すべて公開!

Ryota Takasaki

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

42

Ryota Takasaki

フリーランスノウハウ、体験談

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。