私たちがライフスタートアップを始める理由(マツダミヒロさんと)

これを書いてみて思ったのだけれど
これから20年は激変の時代だと思う。

・今までの常識を捨てること

・人生と働き方を再構築すること

このメールがそのきっかけとなってくれたら
嬉しいです。

今日は、端的に今、私たちの世の中で
どんな変化が起きているかについてです。

================
変化1:
所有から共有の時代へ
================

世の中で起こっている変化の
一番最たるものは、所有ではなく
共有(シェア)の時代になったということ。

今、伸びている企業を思い浮かべても

・エアビー
・ウーバー
・メルカリ
・クラウドファンディング

など、共有を手助けしてくれる
企業が、私たちの生活に確実に
入り込んで来ている。

過去の時代、モノは所有するものだった。

でも、今は、共有するものに
なりつつある。

そして、この流れは、止まらない。

ありとあらゆるものが今後も
共有されていくようになる。

ことの始まりは、音楽のナップスターが
生まれて、音楽はCDを所有するものから
共有するものに変わった。

最初は、音楽や映画などのデータのものだった。

そして、それは、リアルな物体をともなう
家や、施設や、洋服にまで及んでいる。

リアルなものまで共有する時代に
なったというのは、もう誰にも
所有から共有の時代への変化は
止められないということだ。

なぜ、こういう事になったかと言えば
それは、インターネットの力だ。

インターネットにより

================
見知らぬ人同士が「ダイレクトに」
つながるようになった
================

これが、何を意味しているかと
言えば、中抜きだ。

例えば、

不動産屋や旅行代理店を中抜きして
ダイレクトに家を借りられるのが
エアビーだ。

タクシー会社を中抜きして
ドライバーと車を見つけられるのが
ウーバーだ。

(日本では、ウーバーは規制されているので
デリバリーしたい飲食店の料理を
配達する個人をウーバーで集めて
共有するというシェアの形。

つまり、配達の人を飲食店が用意しなくても
配達員はみんなで共有しようという形)

お金だってそう。

今までは、銀行がお金を集めてくれたから
お金が必要な人は、調達ができた。

こういうと、

「いや、伊勢さん銀行は間接金融だけど
株式市場は、直接金融だから今までも
ダイレクトだったでしょ?」

という人がいるかもしれないけれど
株式市場を使える人は、限られていますよね。

まだ、これからの人は
調達できない環境だった。

でも、今では、株式市場すら中抜きして
お金を集めることができる。

まだ、サービスも商品もつくっていない
スタートアップの段階で、お金を
集めることができるようになったのだ。

それが、何かと言えば、
クラウドファンディングだ。

多分、多くの人が思っているより
これは、大変な変化だ。

===================
クラウドファンディングは応援したい人と
資金が必要な人をダイレクトにつなぐ。
===================

絵本作家の西野さんがクラウドファンディングで
お金を集めて出版したのは有名ですよね。

日本では、クラウドファンディングというと
数百万円単位、多くて1千万円という
イメージなので、ピンと来ない人もいるかも
しれない。

しかし、世界では、クラウドファンディングが
スタートアップの資金調達の場になっている。

キックスター、というクラウドファンディング
サイトを知っていますか?

調べてみてもらえば分かるけれど
何千万、数億というお金が
色々なプロジェクトに集まっている。

例えば、

はちみつを作る養蜂場の人が
蜂よけのネットを被らないで
大丈夫になる商品

で、いくら集まると思います?

1.5億、集まってしまうのです。

規模が日本とは全く違う。

そして、まだプロトタイプもない
アイデアだけの商品でも

「それいい!」

と思った人がお金を出すので
スタートアップ(創業時)の資金調達が
どんどん行われているのだ。

ベンチャーキャピタルもいらない時代。

必要なのは、

『応援される信頼される人になる』

という事が資金調達のために

必要なことなのだ。

それから、お金について言えば
まだまだある。

================
銀行を中抜きするフィンテック
================

フィンテックという言葉を
聞いたことはありますか?

あれも、ひとつの側面を
簡単に言えば、

個人間のお金のやり取りを
銀行の口座を通さずにできる
ということだ。

あなたと私のお金のやり取りに

・クレジット会社も
・銀行も

いらないとうこと。

ピッとやれば、それで終わり。

でも、やり取りするには
通貨が必要。

でも、通貨は国によって違うし
使い勝手が悪いから
自分たちで監視して
通貨もつくっちゃえばいいのでは
ないか、

というのが仮想通貨。

===============
仮想通貨は、国の信用の中抜きだ。
===============

こうしてみると、

人と人が、もっと言うと
見知らぬ人と人が
ダイレクトにつながれるというのは
大きな変化を生み出している。

そして、私たちはそういう
時代に生きている。

時代は変わっているのだから
今までの常識や考え方では
通用しないのは当然、

ということだ。

================
変化2:
体験とライブが価値の時代へ
================

パソコンとインターネットがあれば
何でも知れる世の中になった。

仮想空間であるインターネットだけで
人生を生きられるとすら言える。

でも、それは逆に、体験の価値を
上げることになる。

所有から共有の時代になって
人が物を所有することに
お金を使わなくなったら、

使うのは結局体験ということになる。

旅や、食べ物や、スポーツや
音楽のライブだ。

前にも書いたけれど
アメリカではCDの売上を
ライブやフェスの売上が
超えてしまった。

CDの売上は下がっているけれど
ライブの売上はどんどんあがっている。

日本だって、夏になれば
フェスだらけだ。

情報がタダになる一方で
体験の価値は反比例するように
あがっていく。

VRでバーチャル体験が
できるようになったら
更に、ライブや体験の価値は
高まっていくだろう。

中国を見たってそうだけれど
人々が豊かになったらお金を使うのは

・旅行
・教育

だ。

この2つが豊かになるほど
伸びていく。

つまり、前にも書いたけれど
どう考えてもライブと体験の時代に
なっているんだ。

つまりは、

突破口は、会いたいと思ってもらえる人に
なること。

インターネットでのお手軽な偽装体験ではなく
本物の体験をしている人になること。

それだけで、あなたの価値は上がる。

本当に時代は変わっているのです。

だから、昔の常識で言えば、知識が
あれば、尊敬されたかもしれないけれど
今は、もうそうではなくなりつつある、

という事だ。

そして、ビジネスをしているなら
その上で、どうするかを考えていく
必要があり、

それは、過去のビジネス書には
書いていない事柄だ。

================
変化3:
SNSの時代
================

これだけ、SNSが広がっている
ということは、公私の区別がない
時代ということ。

フェイスブック創業者の
ザッカーバーグさんは、

「公私で人格が違うのはおかしい。
公私が同じになることで透明性が高まり
取り繕わない世の中になる。

それが、フェイスブックの目指す
透明性のある社会だ。」

というような事を言っていたけれど
現実にそうなりつつある。

調べようと思えば
簡単に「私」の部分が
見えるのだからごまかしが効かない。

逆に、「私」の部分を
ひた隠しにしていたら
その人は怪しいとすら
思われる時代だ。

これが、どんな変化を
もたらすかというと、

「あなたの生き方そのものが
あなたの信用になる」

ということだ。

これは、ビジネスをするなら
とてつもなく重要な事なので
繰り返すけれど、

「あなたの生き方そのものが
あなたの信用になる」

だから

「生き方を考えていく必要がある」

ということだ。

そして、知識ではなく経験を
伝え、ノウハウではなく
自分という存在を伝えることだ。

これは、前にも書いたとおりです。


================
変化4:
コミュニティーの時代
================

人と人がダイレクトにつながれる
ようになったということは、

言うまでもなく、コミュニティーが
生まれるということだ。

そして、このコミュニティーを
つくるために必要なのは

「自分が楽しいと思うことを
みんなで一緒に楽しもうと思うこと」

「良いと思うものを、シェアして
共有しようということ」

だ。

だから、今までのビジネス書に
書いてるように

集客!売上!リスト!

という思考でビジネスをしていたら
上手く行かない。

私の周りでも、血ナマコになって
集客しようとしている人よりも

好きなことをみんなで
楽しもう、

みたいな人が、頑張らないのに
どんどん売上を伸ばしている。

集客!と力んでいる人は

認知されている
ということを重要視している
とも言えるけれど

それではコミュニティーにも
ならないし
会いたいとも思ってもらえない。

(注!緊急性の高いサービスや
商品を売っている人は関係性で
ビジネスをしていないので
広告や認知の拡大の道を選んだ方が良いです)

認知されている人というのと
その人が好きという人がいる
ということは、

全く別の次元の話で
これからの時代は

認知ではなく、好きかどうか、すなわち
コミュニティーになっているか
どうかなんだ。

================
変化5:
実用的価値ではなく情緒的価値
================

前にも書いたけれど
実用的な価値ではなく
情緒的な価値を産み出すことだ。

それが、何かと言えば、
世界観ということになる。

読んでいない人は
これを読んでください。

『商品が売れない時代にはびこる間違った努力』
https://note.mu/ryuichiroise/n/n96819fe16ac4

・・・・・・

それで、ではどうしたら良いのか
なのだけれど、、、

今までの常識が通用しなくなりつつある
現在では、次のことを特に意識すると
良いと思う。

================
ポイント1)
応援される人になる
================

クラウドファンディングの例を
見れば分かるように、

好きなことをして生きていくためには
応援される人になる必要がある。

コミュニティーにしてもそうだ。

応援される人になると
ステージが変わる。

私は別に応援されたくてミャンマーなどの
ボランティアをしているわけではない。

でも、社会貢献と言ったって
ほとんどの人は口だけで何もしない。

私たちは、実際に行動して体験して
そして、それをみんなで楽しみたいと
思っている。

仮にも情報発信を見てくれる人たちが
いるのだから、背中を見せたいという
ちょっとしたリーダーシップ精神もあり

それが、私たちの背中を押してくれている。

突き詰めると、

『どう生きるのか?』

が、コミュニティーづくりでも
応援されるためにも必要だし

『人生がコンテンツになる生き方』

をすることだと思う。

================
ポイント2)
体験をする人生を生きる
================

情緒的な価値を産み出すのは

『あなたの体験であり』

『みんなで体験して楽しもう』

という気持ちだ。

繰り返すけれど、

パソコンの中で知った気になっている
よりは、自分ができる範囲で
世界を広げる体験をして、失敗をして
それをシェアする事だ。

すぐに世界に出なくても良い。

今すぐにできる事でも
自分の世界を広げる体験は
たくさんある。

大切なのは、あなたの体験が
お客さまにとっても価値であり

あなたの活動が、お客さまにとっても
価値という意識を持つことだ。

================
ポイント3)
誰かのレールにのらない
================

今は、時代の転換点で
これから20年、

私たちは想像もつかないような
変化の時代を生きるだろう。

今までは、誰かの言うとおりに
生きていれば幸せだったかもしれない。

でも、それは、社会に変化がないから
常識を信じて生きていれば良いという
時代の話だ。

こういう選択肢が目の前に現れたとき
人は2つの行動をとる。

今まで通り、誰かが自分の人生を
良くしてくれると心のどこかで信じて
待つ人。

もうひとつは、

自分の手で自分の人生を
作ろうと思う人だ。

そんなことは、自分には無理と
思うかもしれない。

でも、時代の変換点は
全ての人にとってチャンスなんだ。

なぜなら、今までのやり方で
成功している人たちも
変化に対応できないから。

これから、自分の人生を
自分で作る人でも
十分に今ならやれる。

時代が変わるということは
全員がフラットなスタートラインに
立つということ。

SNSの力も、コミュニティーの力も
共有の力も見くびってはいけない。

今、ビジネスをしている人なら
売上!とか集客!とか
そういう世界でないステージに
行くと未来は明るい。

・・・・・・

今日、話をしてきたのは

世の中の

『前提の話』

だ。

時代が変わりつつあるとき
その変化を前提として
捉えて動いていく必要がある。

具体的に、何をしたら良いかと言えば

================
今が

『働き方』と『生き方』を再構築
するときだ。

================

生き方が、あなたに情緒的な価値を
与え、コミュニティーを与え
応援される環境を与える。

それは、すなわち

================

人生のスタートアップ

『ライフスタートアップ』

で、

働き方と生き方を再構築する
時期に来ているということ。

================

だと、思っている。

あるいは、

================
生き方と働き方を融合する事だ
================

これからの時代、この2つは
切り離して考えるのではく
融合して作るものだと思う。

公私の別け隔てはない時代だからだ。

それができれば、

応援されて
コミュニティーも出来て
情緒的な価値を産み出すこともできて
体験をシェアすることもできて
違うステージにいける。

もっと、自由で楽しい多くの人と
つながれる人生が待っている。

楽しいと思うこと、好きなことを
しながら、それをみんなで一緒に
楽しむ世界が待っている。

そして、もしかしたらあなたは
今の自分には遠い世界と
思うかもしれない。

でも、それは違う。

今は本当にチャンスだし、

大切なのは、知ることなんだ。

知らないから描けないだけだと思う。

60歳になって、定年退職してから
社会貢献をするのもいいけれど
今、やった方が良くないですか?

・・・・・・・

ということで、

今回のプロジェクトの話に
なるのだけれど、

今回のプロジェクトは

『ライフスタートアップ』

です。

ビジネスのスタートアップが
投資家を集めて、IPO(株式公開)が
ゴールだとしたら、

これは、人生のスタートアップ。

ゴールは、

『応援される人・会社になる=IPO』

という事です。

そのために、

人生とビジネスを再構築し
融合し、これからの時代に合った
形に作り変えていくことです。

今までの常識ややり方は
時代の前提が変わってしまったから
どんどん違和感しかなくなっていくと思う。

売上!リスト集め!集客!

と、力むのは、何かズレが
あるように感じませんか?

頭ではなく、心が感じていると
思います。

これからの人にとっては
これは、本当にチャンスだ。

なぜなら、時代の変わり目は
全ての人がフラットになるから。

そして、今回のプロジェクトは
マツダミヒロさんと行います。

ミヒロさんは、まさに
生き方と働き方を融合している人。

世界中を周りながら
人の縁とお金を循環させています。

幸いなことに、ミヒロさんも
私も新しい時代の生き方をしている人を
たくさん知っている。

北欧にも、オーストラリアのバイロンベイにも
私たちが見たこともない新しい時代の
生き方をしている人たちがいる。

大切なのは、まずは、それを知ること。

そんな気持ちで、このプロジェクトを
はじめました。

最後に言いたいのは

================
私たちは既に自由なんだ。
ただ、自由な生き方を知らないだけだ。
================

です。

何となくでも興味がある人は
無料ビデオだけでもご覧ください。

ゆるい感じで、話しています。

『ライフスタートアップの無料ビデオ』
http://k2ac.jp/startup/notice/

このプロジェクトでは

・今までの常識とは違うお金の考え方
・人もお金も循環させる生き方
・新しい概念の働き方と生き方の融合

などをお伝えしていきます。


伊勢隆一郎


追伸:
「どうして、伊勢さんは
ライン@に登録したらプレゼント
とかしないのですか?」

と聞かれたのですが、

プレゼントに惹かれてくる人よりも
まずは、考え方に共感してくれる人を
集めたいからです。

面倒というのもあるのだけれど(笑)

いつかは、プレゼントも
付けるかもしれません。

でも、今は、来てくれる人だけ
来てくれれば、そういう人と交流したい。

クレクレ君はコミュニティーには
不要だと思っています。

それでも、登録してくれる人はこちら。

========================
伊勢公式LINE@
■ID
@mvw1831d
■QR
https://line.me/R/ti/p/%40mvw1831d
========================

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

伊勢隆一郎

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。