Akiko_Samukawa

音楽家・ピアニスト・文化研究(note実験中)教室のことや音楽のことを日記風に書いていきますhttp://akiko-samukawa.com/

ピアノウィーク無事に閉幕しました

4月1日から6日の約1週間に行われた「ピアノウィーク」が盛況のうちに閉幕しました。
 なんだろう。あまり出会ったことのなかった概念。参加した方全員が生き生きしていたなぁ。
「自分が納得する」ということが何よりも尊重されていて、萎縮がないのが本当に素晴らしかった。
先生のキャラクターもあるだろうけれど、国の違いも大きいのかな。
さっぱりとした雰囲気で、私自身も遠慮なくすべてをさらけ出したくなる気持ち

もっとみる

数日ぶりの日記

BS4Kにて、本日放送予定。私は家にアンテナがないので見れないけれど、本当に見たい…

 NHK世界の建築シリーズの中で、京都大徳寺が特集される。そして大徳寺を舞台に、「音禅法要」という、神道と仏教が共に祈り、音と禅によって行う法要が紹介される。世界に類を見ない「音禅」というあり方は、日本だからこそ生まれたものであり、世界に注目されている。総合監督は音楽家で禅美学者のツトム・ヤマシタさん。心から尊

もっとみる

響きをとらえて

今日は午前中、生徒さんのピアノレッスン。以前にこのブログでも書いていた「ピアノウィーク」の開催がいよいよ近くなってきて、今日は受講コースを変更された生徒さんとの内容決め。個人レッスンの曲はもう少し増やした方が良いのか、連弾のレッスンの曲は何がいいか、など。話をしながら進めているといろいろイメージが出てきてやりたいことも増えるので、ピアノウィークに向けての楽しみが増してきた。いよいよカウントダウン間

もっとみる

シルバニアガーデン

2009年3月に、福岡県にある遊園地「かしいかえん」のリニューアルに合わせてオープンしたシルバニアガーデン。
 大人気シリーズ「あかりの灯る大きなおうち」が人間サイズになって建築されていて、そこに設置してある家具ピアノのアトラクションに音を付け、楽譜を飾るという機会をいただいた。

 シルバニアファミリーは自分が幼少の頃よりずっと遊んできたおもちゃで、その遊びの世界にご縁をいただくことになるなんて

もっとみる

ピアノを広い視野で

ピアノは、コンピュータの前身と言われることがある。1オクターブを12等分している十二平均律そのものが示しているし、また、自動演奏ピアノの内部に仕組まれるロールを見れば、そのことがもっとイメージできる。ロール紙には、音が「鳴る」「鳴らない」の情報が穴によって示されていて、それはオルゴールも同じことが言える。話しは戻って十二平均律は簡潔で合理的!そう、合理的こそがピアノなのだ。ここでは詳しく書かないけ

もっとみる