見出し画像

タイ人を騙して笑い者にする日本人たち

「ディアーナかなり毒舌で笑ったw」

図2

(☝プライバシー保護のため一部当方で修正しました)

タイの善良な一般人を、取材目的を伏せて騙し討ちにし、発行部数3万部の印刷媒体でこき下ろす。

さらに、スマホで再スキャンした画像をTwitterに晒して、「かなり毒舌で笑ったw」などと日本人同士で笑い者にする。

『卑劣』です。

どうせ日本語が分からないからいいだろw、とでも思っているのでしょうか。

図3

画像2

バンビーナの読者ターゲット

このコーナー(ちゃお!バンビーナ!)の読者ターゲットは、誰だと思いますか?

実は、キラキラ系タイ人女性に劣等感を持つ日本人女性、つまり、駐在員の奥さんなんです。

旦那が家に持ち帰ったフリーペーパーで、“生意気なインスタ女子ども”をケチョンケチョンにやっつける記事を見つけて、留飲を下げるってわけ。

評者のディアーナが「夜の蝶」という設定も絶妙で、評者がタイのエリート女性だったりすると、新たな嫉妬が生まれてしまい、下がる留飲も下がらなくなります。

実に考え尽くされた、卑劣なコーナーなのであります。

言ってることとやってることが真逆の日本人

「そして彼女は病気になった」

ネットは何でもアリの世界ではありません。言葉の暴力は、ときとして人の人生を狂わせます。責任を問われたとき、「みんなもやっている」では通用しません。

ハイ!本件はこれにて終了

画像4

某バンコク駐在員氏も、ツイ消しして「なかったこと」に。

つまり、知らんぷり。

これでいい‥‥のか?

画像5

週刊ワイズ 2019年09月25日号 表紙

悲しい現実

画像6

週刊ワイズHPより

【追記】タイ語報道も登場

2019年10月9日付で、タイ語版ニュースも出ました。

(トップ画像:パブリックドメインQ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コーックンカップ!
4

サバーイタイランゲージ

タイ王国における民商法典上の株式会社です。タイ関連の翻訳・通訳・市場調査・SNS運営代行・戦略コンサルティング・記事執筆を行っています。今年で設立5年目です。Facebookはこちら👉http://www.facebook.com/sabai.thai.language
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。