クソみたいな日本語

5
ノート

愛と恋の違いを言語学的に考える

一番最後に簡単なアンケートもあるので、よかったらそれだけでもどうぞ。

はじめに

 愛と恋の違い。色々なところで話題になる。漢字を見て、下心があるのが恋、心が中心にあるのが愛などとも言われる。私はそんな憶測だけで語ることはしない。論拠をつけて科学的に愛と恋の違いを示そうと考えた。そこで、言語学的観点から愛と恋の違いを探ることにした。理由は簡単、大学時代に日本語学を専攻していたから。ただそれだけ。

もっとみる
ありがとうございます!よろしければ他のも読んでってください!
2

正しい日本語:遠回りな丁寧

「#note感想文」としてこれを記す。私の「#note感想文」は基本的にnoteに対する批判だ。ここで勘違いしてほしくないことがある。往々にして「批判」は罵倒や中傷と同義に扱われる。そうではない。良い所も悪い所も評価して、考えを発展させることこそが批判なのだ。自分や他の誰かの生き方を発展させる批判をしていきたい。一応、批判に対する私の考え方を以下に記してある。

 さて、早速だが本題に入ろう。今回

もっとみる
ありがとうございます!よろしければ他のも読んでってください!
8

「ありえなかったです」はありえませんでしたか? ~効率化する敬語~

過去の行いを丁寧に否定するとき、どう表現するだろうか。具体的な例を挙げていこう。今回は「ありう(え)る」を例にとる。文脈は次のようなものにしよう

 一回り違う上司に、「自分たちの頃は殴って教育なんて当たり前だったけど、今そんな教育されないんでしょ?」と言われた。
 「そんなの絶対自分たちの頃はあるはずがなかった。」と答えたい

というものにしよう。そのとき、以下の二通りの答えが考えられる。

もっとみる
ありがとうございます!よろしければ他のも読んでってください!
8

批判は本当ならいいことでしょ?

「#note感想文」というものをしてみたい。それに先立ってこれを記す。

 「#note感想文」では、色々な人のnoteを批判していきたい。でも、この批判という言葉、往々にして中傷や罵倒と同じ意味合いで用いられる。私の立場はそういった広義の批判ではない。あくまでも狭義での批判だ。

 「批判」という言葉の意味を調べてみる。日本国語大辞典なんか持っていないし、そんな簡単にアクセスできるわけでもない状

もっとみる
ありがとうございます!よろしければ他のも読んでってください!
4

インスタバエはクソ面白い

「映える」という言葉はご存じだろうか。「はえる」ではなく、「ばえる」と読む方の「映える」だ。この表現に難色を示す方もいるだろう。しかし、この「ばえる」という読み方は非常に面白く思う。Twitterでインスタ蠅などと揶揄されるインスタグラマーだが、インスタ蠅はクソ面白い。いや、クソ興味深い。

 私は大学で日本語学を専攻した。ただし、学士で卒業しているので私の言っていることを鵜呑みにしないでいただき

もっとみる
ありがとうございます!よろしければ他のも読んでってください!
5