私は欲望に忠実だから

 私は欲望に忠実だ。だから興味のないものはいらない。どうしても欲しいものに多少の犠牲は辞さない。

 私は欲望に忠実だ。会社とかで「風俗行ったことないの?ピュアだね」とか言われるけどそうじゃない。自分にとってはそこに金払う価値を見出していないだけ。どうでもいい。

 私は欲望に忠実だ。だからドクペも箱買いする。どこにでも売っているわけではないけど月に数本は飲みたくなる美味しさだ。まあ最近飽きてきたけど。でもいずれまたドクペに対する情熱が湧き出てくる。その時はまた箱買いする。

 私は欲望に忠実だ。だから普段酒は一切飲まないし料理酒とみりん以外のアルコール類は家に入らない。酒に金払う価値を見出せないのだ。飲み会は参加することもたまにはある。参加するのは、飲み代を払っても会いたい話したい相手がいる、もしくは料理がめちゃくそに美味しいかどちらかの場合だ。そうでなければ飲み会なんてどうでもいい。酒なんて別にどんだけ規制してくれたって自分にダメージはない。三ツ矢サイダー美味しい。

 私は欲望に忠実だ。だから乗車スペースを多少削ってでも大き目のぬいぐるみを車内にいっぱい置く。リラックマ三体、ポケモン三体。人が抱きかかえられるサイズのぬいぐるみだ。カタログ乗車定員は五人なのに、3人乗ったら既に満員。別に誰かにウケるために置いているわけじゃない。自分が満足するから置いているだけだ。まだ増やしたい。

 私は欲望に忠実だ。だから自分の人生に必要がないなら結婚も子供も望まない。嫁子供がいなくても幸せなルートがあるならそれでもいい。そういうことに幸せを見出す人が勝手にしておいてくれ。私は知らない。

 私は欲望に忠実だ。だから大金よりも楽に過ごせる人との時間の方がよっぽど大事だ。別に特別高価な車やバイク、その他高価なものはそもそも望んでいないから収入は別に多くなくていい。代わりに削れる出費を削って裕福になれればそれでいい。でも、過ごしていて楽な人との関わりはやっぱりどうしても欲しい。そのためなら別に大金なんて犠牲にしたって構わない。生活と好きなことができる金さえあればね。幸いなことに私の好きなものはあんまりお金がかからない。ちょうどいい。

 私は欲望に忠実だ。だから別にどうでもいい他人からの評価とかは興味がない。いらない。自分が好きじゃないことをやって、どうでもいい他人に評価されることはいらない。それよりも他人に軽蔑されようとも私が私だけが生きやすい生き方をしていれば十分。まあそのためには私に良くしてくれる人は幸せでいてもらわねばならないが。

 私は欲望に忠実だ。だから私が望む幸せの形を手に入れたい。こじんまりと、でも生きているだけで面白いような偏った人間が周りにちらほらいるような生活。それが望む幸せ。あとドクペ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

生きることは辛く、美味しい。 そんなスタンスで思ったことをつらつらと書いています。 決して斬新な発想ではないかもしれない。でも、何か死に向かって突き進む我々の糧になれば。

ありがとうございます!よろしければ他のも読んでってください!
9

りらっくまーち

好きなものは好きなの!!!

生き延びろ、自分

生きているのは確かだ。 辛く、美味しい。 そんな感じで、生き方というより生きることを考えて発散したい分です
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。