見出し画像

全部ただの思い出で、思い出がすべてだという話

すごくうれしいことがあったとき、なぜか「あまり調子にのってはいけない」と思ってちゃんとよろこぶことができなかったり、かなしいことがあったとき、「別にたいしたことではない」ということにしてちゃんと悲しむことができないことがある。

自分の感情をすこし離れたところから見て「これが悲しかったんだな」などと理由をつけて溜飲を下げたりする。


かと思うと、感情がおおきく動かない日常のとるにたらないシーンの中で「あ、この瞬間をあとで思い出すだろうな」と思うことがある。

友達と一緒にごはんを食べていて、Tシャツの胸元にこぼしているのに気がついて「落ちるかなー」と心配したそのシミの形とか、お酒を飲んだ帰り道に数時間ぶりにひとりになった瞬間にみた電車の中吊り広告の見出し文とか、キッチンで果物の皮をむきながらカウンター越しに聞こえてくる友達が話す素直な声と手についた甘いにおいとか。


なんだか自信がなくなって、何もできていない、誰とも目が合わない、と自分が透明になってしまったような気がするとき、自分を励ますのはいつもそういういつかの思い出だ。思い出だけは誰にもじゃまされないし奪われないからいい。


極端なことを言うと、生きている間にできることは思い出を作ることだけだとも思う。だから、今していることの意味とか、起きてしまったことの理由とか、そういうのはもういっそどうでもいいから、「思い出をつくっている」という意識だけで今を見る という方法をとても気に入っている。


わたしの大好きな小説の中にもこんな一文がある。

「生きていることには本当に意味がたくさんあって、星の数ほど、もう覚えきれないほどの美しいシーンが私の魂を埋め尽くしているのだが、生きていることに意味を持たせようとするなんて、そんな貧しくてみにくいことは、もう一生よそう、と思った」 吉本ばなな『体は全部知っている』より

これは、疲れきった娘がお父さんが作ったオムレツを食べたとき、懐かしさのあまり人生に意味があるような気がしてしまって、それを打ち消そうとするセリフなのだけど、本当にそうだな、意味はたくさんあるんだけど、いちいち意味をもたせないことって必要だよなと思う。


だから、つい理由があるように思ってしまう大きくうれしい出来事やかなしい出来事も、意味などないように思える小さく些細な日常も、過ぎてしまえばぜんぶ思い出になるから、どれもそのときにちゃんと味わって、なかったことにしないで思い出にカウントしていこうと思う。

そして、おいしいな、たのしいな、うれしいな、すきだな、という気持ちには理由なんかなくていいし、その気持ちを伝えることが、誰かの思い出になっていつか力になるかもしれないから、どんどん伝えていこうとも思う。

全部ただの思い出で、思い出がすべてだからね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

\読んでくれてありがとうございます!/ みなさんのサポートはとても励みになっています。

\おれもスキだ!!!!/
514

桜林 直子(サクちゃん)

クッキー屋「SAC about cookies」経営。あーちん(15さい)の母。あーちん:現在「たべびと」連載中。http://www.1101.com/tabebito/index.html

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
13つ のマガジンに含まれています

コメント4件

とっても静かで、ふんわりと嬉しい気持ちになりました。素敵な記事をありがとうございます!
仕事ですごいミスをしていることを同僚に指摘され、今日とても落ち込んでいまひた。サクちゃんさんのこの記事を読んで、ちょっと救われました。今後に生かします。
いつも優しい言葉で、等身大で、心動かされます。ありがとうごさまいます^_^
はじめまして。素敵すぎて何回も読み返したい記事に出会えてうれしいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。