20歳の「なんかちがう」は正解だった。

成人の日か、と自分の成人式の日のことを思い出してみようとしたのだけど、その日になにがあって誰と会ったのか、不思議なほど覚えていないので驚いた。ただ、そのころいつも抱えていた「なんかちがう」という感覚だけは覚えている。

20歳当時はまだ学生(専門学校の2年生)で、その年の4月に某パティスリーに就職が決まっている時期だった。すでにそのお店でアルバイトもしていた。就職したら朝から晩まで働いて月給14万円、休みは月に4日、こわい大人のこわい社会、すくないお金とすくない睡眠時間、つらい仕事とつらい人間関係が待っていると怯えていた。

さらにその前の年に父が脳梗塞で倒れて入院していたので、この先の自分には、乗り越えるべき壁と、ガマンする茨の道が待っているのだと身構えていたし、楽しむことをすでに諦めていたように思う。

自分は人とちがってつよくならないといけない。自分は人とちがって楽しいことをしてはいけない。自分は人とちがってガマンしなければいけない。本気でそう思っていた20歳の自分のことを、今、本当によく頑張ったなと思うと同時に、なんて傲慢なんだろうと思う。


自分だけ特別で他の人とはちがうのだという考えは、自分以外の人を軽くみている。もっというとバカにしているのと同じことだ。

かと言って、当時の自分に「大人は楽しいよ」とどれだけ言っても到底信じないだろうというのもわかる。自分は例外だと信じ込んでいるので、将来を楽しみにすることはないし、実際「期待しない」を選ぶほうが楽だった。まだ見ぬ将来の自分に期待をするということは、なかなか難しいことだ。


では、20歳のわたしはどうすればよかったんだろうと振り返ると、どうしても「現在がつらい」ということを「そんなのはつらくないよ」と否定はできない。見ないふりをしないで目の前の状況を受け入れて、やさぐれないで仕事や看病や人間関係をひとつずつちゃんとやることを勧めることしかできない。

「なんかちがう」という感覚は、その後数年間消えないし、自分の居場所はここではないどこかで、抜け出すには自分が何か行動しないといけないことはわかっている。でも何をすればいいのかはまったくわからない という時期が続いた。ただただ「なんかちがう」だった。

「ここではないどこかを夢見るなんて青臭い」と思うけれど、その「なんかちがう」は正しかったと今でも思う。こわい社会もつらい仕事も「なんかちがう」で正解だ。

その感覚から目をそらさず「ではなにをしたらいいか」「ではどうしたいか」を考え続けたから抜け出せた。それはある日突然降ってくるのではなくて、こつこつ仕事でできることを増やして、こつこつ信頼を得て、じわじわ視野を広げて、おもしろそうな人に会えそうな場所に足を運んだ結果だった。


20歳のわたしに言えることは、今考えてもやっぱり目の前のできることをちゃんとやる以外の道はないし、「なんかちがう」ならたぶん「そこじゃない」。そして、その答えは、自分の中を探してもなくて、行動した先で誰かがみつけてくれる。だからその日まで進め、と思う。

成人、おめでとう。
いいから進め、進め。疲れたら休んで、また進め。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

\読んでくれてありがとうございます!/ みなさんのサポートはとても励みになっています。

\おれもスキだ!!!!/
408

夢組と叶え組の話

やりたいことがある「夢組」と、やりたいことがない「叶え組」の話。 やりたいことってなに?どうやって見つけるの?ないとダメなの?様々な方向から考えていきます。
6つのマガジンに含まれています

コメント1件

なにかちがう。しっくりこない感覚がある時期はぼくもよくあります。
「なんかちがう」ならたぶん「そこじゃない」って言葉は大切にしていかないといけないですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。