悩みや不安を誰に話すか、それが問題だよねって話。

この続きをみるには

この続き:2,197文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

Dr.ゆうすけとサクちゃんが「自己肯定感とはなんだろうね?」と語ります。(2018年3月分〜)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

\読んでくれてありがとうございます!/ みなさんのサポートはとても励みになっています。

\わたしもスキ!!!!/
66

月刊 自己肯定感

Dr.ゆうすけとサクちゃんが「自己肯定感とはなんだろうね?」と語ります。(2018年3月分〜)

コメント1件

頷き過ぎることヴィジュアル系バンドのライブの如しです。「弱音を吐かないで欲しい」という人は、弱音を吐かれることに慣れてないのかなとも感じることもあります。だから「あっ、弱音吐いてごめん...」となります...。質問なのですが、サクちゃんさんは人に弱音を話すときに意識していることはありますか?私はつい笑顔でへらへらしながら「まあ、大丈夫なんだけどね」と締め括ってしまうので、相手も自分も不完全燃焼な顔で会話が終わりがちです。相談下手とでも言いましょうか...。何か良い方法があれば教えていただけると嬉しいです。(ラジオネームは「てら」でお願いします)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。