かないくんとあーちんとあの子

さっき、本棚の「かないくん」と目があって、読んだ。

この絵本は、谷川俊太郎さんの文と松本大洋さんの絵でできた「死」をテーマにしたもので、ときどき読みかえしては考える1冊なのだけど、もうひとつ、この絵本を読むと思いだすことがある。


ちょうど2年前の今ごろ、「かないくん展」という展示をやっていた。

「かないくん展」は、ほぼ日が主催だったので、あーちんも企画展示のための協力をさせていただいた。


それは「死ぬとどうなるの?」という質問を、こどもにインタビューした映像を流すというものだった。(一部を文字でも展示された)

そのときのあーちんの言葉がこれ。



これを見ると、今でも泣きたくなる。

このさらに3年前、あーちんが3年生の夏に、同級生の男の子が亡くなった。

彼は、父親による母子殺害事件の被害者だった。


この事件について、学校や父母の間でもどこまで子供たちに話をするか議論になり、夏休みをはさむことでうやむやになった。(判決が出るまでは真相とはいえないという事情もあった)

子供たちは噂話に傷つき、不安定になっていた。

わたしもどうしたらいいかわからず、こんな事件はあってはいけないし、できればなかったことにしたいくらい考えるのがつらかった。

しかしあーちんにウソをつくことができず、その時にわかっていたことは話した。

彼女が、いまいちピンときていない表情でうなずいたのをおぼえている。


それから2週間くらいたったある日、いっしょに歩いていたとき、あーちんがとつぜん泣きながら話しだした。

「もう会えないんだって思って、でもそれがよくわからなかったんだけど、◯◯(彼の名前)がきのう夢に出てきて、会えたよ。元気そうだった。会いにきてくれた」

「何を話したの?」とたずねると

「「お母さんは?」ってきいたら「いるよ」って言ってた」

それでとても安心したのだと言う。また会えたことと、ひとりじゃないんだってわかったから。

彼女のそのやさしさと、彼の死にちゃんと向き合っている姿勢とつよさに、わたしも泣いた。

「◯◯、はんぶん透明だった」というので「マンガの見すぎじゃないの」と言って笑った。



「かないくん展」で「死ぬとどうなるの?」という問いに答えた「死んでも自由だと思う」というあーちんのことばは、彼への希望であり、ほんとうにそう思っているつよさを感じる。

わたしは、このことばを、これから先なんどでも思いだすだろうし、今までなんども救われている。

そしてわたしも同じように、死んでも自由だと思う。もちろん、生きているうちも。


そして、わたしが死んだあと、だれかがわたしのことを思いだすときに、そのわたしは、笑っているといいなと思う。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

\読んでくれてありがとうございます!/ みなさんのサポートはとても励みになっています。

\おれもスキだ!!!!/
112

SAC about YODAN

4つのマガジンに含まれています

コメント2件

初めまして。サクちゃんさんの綴る言葉が大好きです✨(^-^)💖/あーちんの言葉も、それを「彼への希望であり、そう思える強さである」と、受け止めるサクちゃんさんのくもりのない目線も、なんだかとてもうれしかった。。( ᵕ_ᵕ̩̩ )✨/私も大切な人を思い出すとき、信じることや祈ることは、時空を超えて届くと信じられるから。。/また読み返したいので、お気に入りに入れさせていただきました✨💖✨これからもよろしくお願いします(^-^)💖
サクちゃんはじめまして。
読んでぼたぼた涙が出てしまいました。
あーちんとサクちゃんに、今の私は助けてもらったような気がします。
サクちゃんみたいにあんまりじょうずに言えないけど、私が私を苦しめるのも、私の中の自由ですね。いつだって解放できるはずなんだ、きっと。
あーちんの強さと優しさ、それと誠実さが伝わります。きっと自分の気持ちに真面目に応えているんだろうなぁ。。。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。