Q.バツイチ、シングルファザーの長男に、結婚相手を探したほうがいいか? #スイスイ林の全力解決

cakesではじまったコラボ企画「スイスイ&林伸次、あなたの悩みをみんなで解決しましょう!」

この企画は、noteの #スイスイ林の全力解決 でみんなで解決しようというものなので、遅ればせながらわたしも書いてみます!

スイスイ林さんの回答はこちらです。



今回の相談内容はこちら

29歳の長男がバツイチでシングルファーザーです。
大学中退で塾講師をしており、帰りが遅い仕事なので、実質私と嫁で孫育てをしています。
腹が立つこともありますが、どん底を経験しそこから立ち直ってきたので、仕方ないと思うところもあります。
今後、強引にでも結婚相手を探した方が良いのか、自然の成り行きに任せた方が良いのか分かりません。

(K・58歳・男・歯科医)


うーむ…。

わたしもひとり親なので、「シングルファーザー」に反応してつい自分だったら…と考えるところだったけど、この相談はシングルファーザーの息子さんの悩みではなく、お父様の相談だ。


******************

いきなり相談内容から離れるけど、「ひとに相談する」というのは、ほとんどが本当に答えを知りたいわけではないと思っている。

誰かに「どうしたらいいかわからない」と相談して「じゃあこうしたら?」と返ってきたときに「そうだね!じゃあそうするわ」とすんなり解決することはあるだろうか(いや、ない)。

同時に、「相談」という形だけど質問にも疑問にもなっていないということがよくある。

そのほとんどが「わたしは今までこうしてきて、こうなって、今こういう状況です」と自分の話をする。むりやり質問風に続けるとしたら「わたしは間違ってないですよね?」または「この先どうしたらいいですか?」だろうか。


ちょっと意地悪な書き方をしたけど、何が言いたいかというと、「相談したい」とき、悩み解決の前に「自分の話をきいてほしい」があるのだと思う。

友達と話していても、「ちょっと聞いてよ〜」と悩み相談をされているかと思いきや、相手が次々に話すのをこちらがふむふむと聞いているだけで、話きった頃には「そっか、そういうことか!あースッキリしたー」と謎にひとりで解決していることは本当によくあるし、誰かに話すだけで満足して8割は解決したようなものだというのは、わたしにも身に覚えがある。

だからわたしは友人に相談されたときは、解決することを目的にしないで、相手にどんどん言葉を出させることだけをする。言語化できずにひっかかるところを「こうかな?」とつつくように導きながら、その人が何に悩んでいるのかの一点を一緒に探る。だいたい問題の周辺の全部が問題だと思いがちだから、余計なものを取り除く作業をする。

悩んでいるとき、何に悩んでいるのか本人もわからないというのが第一の問題だ。


******************

で、相談にもどると、

息子さんへの心配や、幸せを願う気持ちで悩むのはよくわかる。他のみんなが回答しているように、息子さんの幸せがなにかはご本人にしかわからない。(少なくとも一度目の結婚の末にどん底があったのなら、彼にとって結婚=幸せに直結しないことは明確だろうし)だから、どうしたらいいかわからないのはもっともだ。

でも、どんなに相手のことを思って悩んでも、どこまで行っても人のことだ。出した答えがどんなものでも、息子さんに「あなたはこうしたほうがいい」ということしかできない(し、どんなものでも余計なお世話でしかない)。


ではどうしたらいいかというと、主語を「息子」から「わたし」に変えて悩みを見直してみたらいいのではないかと思う。

「息子は再婚したほうがいい」「息子はわたしたちにこうするべきだ」ではなく、

例えば「わたしは自分の時間が減って不満だ」とか「わたしは孫が親と過ごす時間が少ないことを心配している」とか「わたしは世間体が気になる」とか。


わたしは、「あなたのため」というのは、それがどんな正論でも「自分のため」だと思っている。それが悪いことだというのではなく、「あなたのためにしている」の裏には「それをすることでわたしが救われる」があると思うので。

それに、受け取る側も「あなたのためにこうするべきだ」と言われるのではなくて「わたしはあなたにこうしてほしい」と言われたら、違うなと思ったときに断れる。

******************


というわけで、わたしの回答は「主語を“わたし”に変えて悩みを見直すといい」でした。

あれ、結局なんの解決にもなっていないし、そのうえ相談の仕方へのダメ出ししかしてないな(すみません…)。

なにか視野をほぐすきっかけになるといいなと思いつつ、投稿します。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

\読んでくれてありがとうございます!/ みなさんのサポートはとても励みになっています。

\おれもスキだ!!!!/
130

コメント3件

とても腑に落ちる回答でした。
悩みを人に打ち明ける時、本人はその答えをもうすでに自分の中に出していると思います。その答え合わせをしたいのと、今の自分の状況を外に吐き出してスッキリしたいだけなのだと。
悩みや愚痴を、第三者に対して吐き出すことによって孤独に抱え込んでいたモヤモヤはほぼ発散出来ている。だから、その答えを求めているわけではなく、一人で悶々と悩み、考えることから解放されたいだけなのだと思うのです。
なので、仰る通り、主語を「自分」に置き換えると非常に分かりやすい。そして、その答えはもう彼の中に出ているのではないかと思います。
「本当に悩んでいるときもある」とも思います。
本当に、もうパニックになっているときもあると・・・。
ボクも「note」に書いたことがあると思うけど、
考え方が違う意見は貴重に思うから、
一概にすべての悩みをそう取るのも、間違いかとも思います。
悩みを相談するって人によって目的が違う気がします。
私は悩み相談はいつもカウンセラーにします。その時「こういうことで悩んでいて自分の考えや気持ちの整理をしたい」等予めゴールを伝えます。カウンセラーは聴くプロなので私情を挟まずとてもフラットに聞いてくれるし、自分の思いを客観的に見ることができます。
旦那にも自分が今どんな状況にいるかを知らせる意味で話したりしますが、それも「励ましたりアドバイスはいらないので、とりあえず今の状況だけ聞いて欲しい」と言います。
私からみれば皆なんでプロに相談しないんだろう。。。と思うんですが、話を聞いて欲しとか共感して欲しいとか励まして欲しいとか、悩み相談の目的はきっと人それぞれでしょうね。ただ多くの人はぐるぐる悩んでるだけで、その悩み相談に対してもどうして欲しいのか自分でもわかっていないというのは仰る通りだと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。