お店屋さんをはじめるときの話(そしてnoteプレミアム)

noteプレミアム、というのができたというので、noteについてぼんやり考えていた。


わたしは本業が、というか長いことやってきたことが「お店屋さん」なので、「有料」というと「お店屋さん」としてそれを見る。

わたしの考える「お店屋さん」のはじめかたは

「どこの、だれに、なにを、いくら分売るか」を決めること がスタートだと思う。


以前、友人からお店屋さんをはじめたい、という相談を受けたときに、友人が終始売りたいものの説明しかしないので、「それ、誰が買うの?」と言ったら(批判ではなくてどこに向けているのかという意味だったのだけど)怒られた。

しかし、どこに向けて売るのかが見えていたら、その質問にも怒らないで、説明できるはずだ。

自分が売りたいかどうかじゃなくて、それを誰がよろこぶか、だと思う。


ひとがお金を払うとき、なにと交換しているのかというと、突き詰めるとそれは「感動」だと思う。

おいしい、便利、かわいい、役に立つ、美しい、早い、など、感動の種類はなんでもいいし、そんなに大げさな意味ではないのだけど、なにによって人のこころが動くか(動かすか)をよくわかっていないと、売りたい側と買いたい側のバランスは取れない。


お店屋さんとして、売りたいもの(コンテンツ)を考えるとき、たとえばわたしのクッキー屋だと、

「かわいいものがすきなひと」に向けて「¥300〜¥5000くらいの幅でおくりものに使えるもの」「ちゃんとおいしい食べもの」「年間1000万〜3000万円分くらいの規模」を売る、と決めた。

これを「かわいい」「便利」「おいしい」の感動をうむこと、として見ていた。

その中でさらに細かい条件(キーワード)で絞った。

写真うつりがいいこと:Facebookやインスタグラムが流行っていたので、うまく使いたかったから。

仕事の効率がいいこと:スタッフに長く続けて働いてもらうために、お給料をしっかり払いたかったから。

わたし以外のだれかでもできること:わたしが飽きっぽくて同じ場所に停まれないのと、ほかにもやりたいことがあったらしたいから。


上記から考えて、浮かび上がったのが、「アイシングクッキーを含め表情のあるクッキー屋さん」だったというわけ。

入り口は決して「クッキー作りだいすきっ子だから」ではない。


で、

noteでコンテンツを販売する、というときも同様に、自分のもっているもので、誰かがよろこぶものは何かを考えたらいいのかな、と思う。


noteは、実店舗とちがい「いくら分売るか」を決めなくても、自分の手間以外は先行投資がいらないので、何度でもお試しができるし、規模が読めなくてもいいのだから、はじめやすいし、立地条件があらかじめ全員同じだというその自由さは、まさにここ(note)は広場だなと改めて思った。


自分のもっているもので、だれかがよろこぶかもしれない」というこの考える時間は、とてもしあわせな頭の使い方で、これはすでにわたしのなかに感動を生んでいる。


というわけで「noteプレミアム」登録しました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

\読んでくれてありがとうございます!/ みなさんのサポートはとても励みになっています。

\おれもスキだ!!!!/
114

ブックマーク

1つのマガジンに含まれています

コメント5件

そっか「お店やさん」てプロ意識少なかったですf(^^;
ずっとやってみたかったクッキー屋さんを、ほんとうにやってみようと思い動き始めたのですが、「売りたい」ばかりを考えて、お金を出して買ってくれる人の顔をきちんと想像できていなかったことに気付きました!いつかSacちゃんさんのお話聞けたらいいなあと思っていたので、このnoteでの連載は、ほんとうに嬉しいです。知らないことだらけで、自信もなく、落ち込むことばかりなのですが、それでもいいのだと教えてくださりありがとうございます。柔軟にやっていきたいです。
わかりやすい。
noteの売り上げ詐欺についてはどう思いますか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。