すきなひとには、すきにしてほしい

わたしがあーちんによく言うセリフのひとつに「好きにして」というのがある。

あーちんはどちらかというと心配性なので、「◯◯してもいい?」「◯◯したいんだけどどう思う?」と、細かく確認しようとわたしに聞いてくる。

その返答は9割がた「好きにして」だ。


そのなかには「自分で考えて決めて」という要素が多く含まれていて、いいともダメとも言われないから、どちらにしろ決めたことを、さいごまで人のせいにできない。

「好きにしていいから」とやりたい放題やるようになるかというと、そうでもないのがおもしろい。(彼女のビビりな性格もあると思うけれど)

好きにしていいということが、何をやっても許されるというわけではないことを知っているし、言動ではなくて行動が信頼関係をつくっている、ということも知っているからだと思う。


この「好きにして」は、教育のためでもなんでもなく、わたしの根本的な願いで、近い存在のひとほど、好きなようにしてほしい と本気で思っている。

と言うのは、わたしの考えるしあわせは「こうありたい、こうしたい、という考えと実際の行動が近いこと」で、それが近ければ近いほどしあわせだと思うからだ。


あーちんに「◯◯したいけど△△だからできない」というクセをつけてほしくなくて、まったくおなじ状況でも「◯◯したいけど□□だからやらない」と自分で決めたかたちで考えるクセをつけてほしい。

これが、小さなことだけれど、とても大きな差だと思う。

しあわせを「こうありたい、こうしたい、という考えと実際の行動が近いこと」としたときに、考えと行動の間に架空の壁をつくって、向こう側には行けないのだ と自分をだまし続けると、その壁はどんどん大きくなっていくのだ。
それは、壁が大きければ大きいほど、自分の行動を肯定することになるからで、その結果、自分の考えよりも、壁を大事に育てることになってしまう。


うまくいかないことや叶わないことがあったときに、壁を育てるのではなくて、次の行動にうつすには、主語を「わたし」にすればいい

「わたしは、こうする」「わたしは、そうしない」と。


そのときに「親の願いをかなえること」というのは、自分の考えだとまちがえやすい。

「お母さんが望むから、わたしはこうする」というのを、自分の考えだと思ってしまう例ををたくさん見てきたので、わたしがこうしてほしい とは言わず、「好きにして」と言う。

これがしあわせになる英才教育だ。

だからみんな、好きにして。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

\読んでくれてありがとうございます!/ みなさんのサポートはとても励みになっています。

\おれもスキだ!!!!/
105

SAC about YODAN

1つのマガジンに含まれています

コメント3件

ステキすぎます❤︎
初めまして。サクちゃんさんと娘さんの関係性がすごく好きで、楽しく読ませていただいています。まだ私は学生ですが、将来子供が生まれたらこんな風に暮らしたいなぁといつも妄想しています😊私もサクちゃんさんみたいなお母さんに育てられたかったです!笑
私も「◯◯したいけど□□だからやらない」と思うように、結婚生活で「教育」されてきました(自然に)。「ステキすぎます」のコメント通りのnoteでした。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。