よむラジオ番外編 【14歳の未来地図について、あーちんに聞きました】

スイスイサクサク よむラジオの番外編です。
今回は、サクちゃんとその娘のあーちんの会話をお届けします。
わたしのここ数年のテーマ 14歳の未来地図について、現役の14歳 あーちんに話を聞きました。


サク:もう中2の夏休みなんて、はやいよねえ。

あーちん:そうだねえ。この調子だとあっという間に中学卒業だ。はやい。

サク:あのさ、早速だけど、わたしが前からずっと思ってることがあるんだけど、今日はそれについてあーちんの話をきかせてください。

あーちん:はーい。

サク:大人になってふりかえると、中2(14歳)のときに、もっといろいろなことを知りたかったなって思うの。将来の仕事のこととか、何も知らないのに、ある日とつぜん決めなきゃいけないのつらかったよなーって。あーちんも、もう学校で将来のことを話したりする?

あーちん:するね。職業体験に行ったり、アンケートとったり。

サク:ふーん。それは、生徒としてじゃなくて自分の将来のこととして、考えられる?

あーちん:んー、あんまり考えられないかなあ。

サク:そうだよねえ。

あーちん:でもあーちんの将来は、人の役にたって、好きなことができれば、はなまる。気楽にいきたいよ。

サク:よろこんでほしいっていうのは、昔からあるよね。絵も、自己表現で描きたいっていうより、描いてだれかによろこんでほしいというか。

あーちん:そうね。

サク:あーちんのその考えの延長線上にはなにも心配はしてないけど、おとなになってから「あ、そんな選択肢あったの?」「知らなかった」っていうのが、わたしはイヤだったんだよね。

あーちん:今のことを本当に好きだと思えてるから、もしそうやって知らないことがあったとしても、悔いはないよ。

サク:そうか、そのときそのときがベストだと思ってるから、それでいいと思うのか。

あーちん:そうかもしれないね。

サク:じゃあさ、こういうふうに生活したいとかのイメージはある?

あーちん:こう、なんか…ゆるくありたい。

サク:老後か!

あーちん:すでに老後。



わが家の教育は「自分で決める」クセをつけること

サク:おとなになるのはこわくない?

あーちん:別にこわくはないよ。

サク:わたしが14歳のころは、おとなになったら働いてお金を稼がないといけないの、こわかったな。早くおとなになりたいんだけど、仕事っていったいどんなのがあるか知らなかったから、まだ知らないっていうことが、いちばんこわかった気がする。

あーちん:うーん?

サク:そうか、あーちんはもうペット絵とかで稼いだことがあるんだよね。よろこんでもらえることを重ねていけば大丈夫っていうのが、実証済みなのか。(よむラジオの題字も、あーちんが描いてくれました)

あーちん:うん、だからかな、こわくなーい。

サク:そうかー。すごいなー。若いうちの環境と経験ってほんとうに大事だね。環境っていうのは、たとえばどこで友達つくるかとかもそうで、小学校のときと、今の学校とですでにちがうでしょ。

あーちん:うん。友達がちがうと、考え方とかもぜんぜんちがうんだよね。

サク:そういうひとつずつの選択と決定で、その先が全部変わってくるんだよ。

あーちん:単純なことなのにね。ちょっとした選択で全部変わるんだね。

サク:そうそう。じつはぜんぶ選択なんだよね。だからもう今から大人への道はすでにはじまっていて、いまの選択ってすごく大事だと思うんだよね。

あーちん:そうか、そうだよね。ねえ、大人になるのが怖い人は、これが怖いのかしら。

サク:これって?

あーちん:自分で選んだことですべて変わる、ってこと。

サク:ああ、決めなきゃいけないのがこわいのはそうかもね。おとなでもそうだよ。だからそういう人は、ひとのせいにしちゃうの。社会のせいとか。ほんとは全部自分で決めていいのに。

あーちん:ふーむ。でもなんか、あーちんはそれは大丈夫な気がする。

サク:わたしもそう思うよ。大丈夫だよ。ちいさい時からわたしのスパルタで「じぶんで決めて」っていわれ続けてきたからね。

あーちん:たしかに。あれスパルタだったんだ。

サク:クセだからね、すべては。わたしが姿勢にうるさいのも同じだよ。

あーちん:それなんか300回くらい聞いたものw 

サク:13年間言ったから、もう大丈夫でしょう。

あーちん:うん、大丈夫だね。



中2ですでに老後の目線をもつ あーちん


サク:先のことを見せてあげるのは大人の役目だとは思うけど、先のことを見ていても、今のことを見ていても、ひとのせいにしないで自分で決められれば、それでいい気もするな。

あーちん:いい結論だね、すごく。そう言われると安心。

サク:でもわたしは一応おとなだし、いろんなひとを見てきたから、このひとはすごいなーっていうひとの話を聞くと、やっぱり周りにいるひともすごくてさ、だから環境づくりも大事だなとも思うんだよ。

あーちん:ママちんとあーちんの周りもだいぶすごいけどね。

サク:それはそうだね。ありがたいよね。それも、環境を選んでつくってきたからね。偶然にみえて、じつは決めてることなんだよ。

あーちん:そうだよね。あのとき「くまお」を描いていなかったら、ぜんぶちがってたね。

サク:13歳ですでに人生ふりかえれる人いないよw

あーちん:老後だからねw



あーちん in New York?


サク:あーちんは海外に行きたいと思う?

あーちん:うーん、行くとしても日本で積み重ねてからっていうイメージがあるけど。

サク:でもさ、日本にいても、高校でも大学でも時間とお金をつかうから、それならいっそどこでもいいと思うよ。英語ができるようになるし、海外に仕事しにいくよりもハードル低いよね。

あーちん:それもそうかー。

サク:2年後くらいに、あーちんがひょいとニューヨークにでも行ったら、わたしも一緒にいこうかな。どこでもいいけど。

あーちん:ニューヨークいいねえ。

サク:なんかおもしろい人にたくさん会いたいよね、生きてるうちに。

あーちん:あーちんは、おいしいものがあればどこでも。

サク:おいしいもの・・・!それ大事すぎるね。

あーちん:うんうん。おいしいもの、大事!


(今日のエンディング曲:くるり「言葉はさんかく こころは四角」)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

\読んでくれてありがとうございます!/ みなさんのサポートはとても励みになっています。

\おれもスキだ!!!!/
75

SAC about YODAN

4つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。