DxPの広報チーム編集方針(つくり途中)

「DxP広報チーム編集方針」というものが必要になってきてしまったので、なんか言語化してみています。

1. 押し付けない
「◯◯ですよね」「◯◯じゃないですか」の表現は使わないようにしています。押し付け表現になってしまって、そうではない人を否定する表現にもなってしまうからです。「私は◯◯だと思った」という、私を主語にした表現に変えてみてください^^

2.「乗り越え」ない、「克服」しない
コンポーザーが、過去の経験を話す記述のときに「過去の経験を乗り越える」という表現をなるべく使いません。「克服する」という言葉もちょっと違うかな、と感じます。

乗り越える:困難などを切り抜けて進む
克服する:自分で努力して困難な問題・状態を解決し乗り越える

という意味なのですが、コンポーザーや生徒、ひとりひとりが持つ過去の経験は困難なものとして「切り抜ける」ものではなくて「折り合いをつけてそれとともに生きる」ものだと思っています。だから、乗り越える・克服するではなく、「折り合いをつける」です。

この続きをみるには

この続き:1,062文字

DxPの広報チーム編集方針(つくり途中)

入谷佐知 さっちん

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

DxPに寄付していただけたら何よりうれしいです! http://www.dreampossibility.com/be_our_supporter

わたしもスキです!ありがとうございます(さっちん)
2

入谷佐知 さっちん

D×P(ディーピー)というNPOでPRと資金調達を楽しくやってます入谷佐知です。noteではエモい系・組織と家族のあり方系・PR広報マーケティング系の3つの記事が混在しております。Voicy → https://voicy.jp/channel/488

#ソーシャルグッド 記事まとめ

社会課題の解決や社会的マイノリティのサポートなど、よりよい社会づくりに関連するnoteをまとめます。事業やサービスだけに関わらず、人が生きづらさを解消し、よりよく生きていくための環境づくりのヒントになるようなものも。また、NPOやソーシャルビジネスの運営や組織づくり、資金調...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。