赤いお坊さんのおはなし


赤いお坊さんは、美しい山並みの切り立った頂にそびえ立つ
伝説の建物の中に住んでいるわけでもなく、
森の奥深くにひっそりと佇んでいる一角獣の湖のほとりに
秋分の満月の夜、霧とともに現れるのでもなく、
田んぼと平屋に恵まれた田舎町の、腕ききで心の優しい誠実な男、
正光さんの家にいらっしゃいました。

正光さんは、もともとたいそう人間味の厚い方で、
赤いお坊さんがやってくる日を今か今かと
心待ちにしていらっしゃいましたので、
ついに赤いお坊さんが現れなさった時には、
歓喜のあまりに涙を流して気絶してしまいそうなほどでした。

赤いお坊さんは、しばらくの間目が見えませんでしたので、
ただただ眩しい光と新しい感覚を全身に感じておられました。
自分のものともよそのものともわからないような音、
温かみ、空気のいきおい(それは風だったのか息だったのか、
その時にはわかりませんでした。)、
なんだか気持ちの良いような、痛いような、戸惑うような、
ありがたいような刺激や、いろいろな匂いが赤いお坊さんの中を
次から次へと入っては出て行き、出て行っては入ってきて
びっくりするばかりでした。
お腹が空くという感覚も、その時初めて感じられたそうです。

正光さんは毎日毎日、来る日も来る日も赤いお坊さんに微笑みかけ、
赤いお坊さんの様子を丁寧に気にかけながら、
赤いお坊さんが大きな声を張り上げて、
まだ光しか見えないそのお目から
たくさんのお水を溢れかえらせておりますと、
「大丈夫。なんにも怖くないよ。みんなで守ってあげるからね。
うちに来てくれてありがとう。ありがとね。」
と、お念仏を唱えておられました。

赤いお坊さんは知らないことばかりでした。
いつも新しい感覚を覚えるのでした。
時間という感覚も知りませんでしたので、
ただ新しいことが次々に訪れては去っていくのを感じているだけでした。
そうはいっても、少しずつではありますが、同じようなことが起こったり
感じたりするのに気がつくようになっていかれました。
そこで同じということと違うということを学ばれたのです。
どうやら同じというのは、穏やかなゆったりとした感じがして、
違うというのはびっくりとして忙しいような感じがしました。 

ある時、赤いお坊さんの中に入ってくる音、匂い、熱、力が
とてつもなく赤いお坊さんを満たし、
それはいつも似ているのに気がつかれました。
赤いお坊さんは正光さんを少しずつ感じられるように
なっていらっしゃったのです。
正光さんは赤いお坊さんの幸せを心から願って、
出来ること、思いつく限りのことを懸命にしていらっしゃいました。
正光さんも知らないことばかりだと気づかされました。
正光さんも、内から外から新しく駆け巡る感覚を精一杯受け止めて
感じていらっしゃいました。
そしてそれをすぐさまに赤いお坊さんにお供えされるのでした。
赤いお坊さんの変化が目まぐるしいので、
いつもいつも驚かされ、感動されておられました。
赤いお坊さんのおかげで、正光さんは本当にたくさんのことを知り、
もっともっと成長したいと思われました。
生きているという尊さを学ばれました。 

赤いお坊さんは不思議なお方で、
そのお姿が現れるだけで、その場が一瞬にして新しく、
明るくなるのでした。
それと同時に、忘れていた何か大切な想いを、
場面を、ぬくもりを、感覚を思い出させてくださるような方でした。
まるで、もう一度生きながらにして生まれ変わるような、
赤いお坊さんと一つ一つを宝物のように生き直すような心持ちにさせられたものでした。 

そしてその道は、以前確かに私たちも歩んだ道なのだと思いますと、
大変驚かされるばかりでございます。 



・・・


Story of the Red bonze


The Red bonze does not live in the legendary kind of architecture 
that rises on the steep summit of a beautiful mountain range, 
nor does he appear surrounded by mist in a depth of forest under the autumnal equinox full moon, or on the banks of the lake where the unicorn quietly nestles. He stays in the house of Masamitsu, in a country town where one-story houses sit among an abundance of rice fields.

Masamitsu is a warm person, extremely kind by nature.
He had waited impatiently and expectantly for the arrival of the Red bonze, so when the Red bonze finally appeared, Masamitsu shed tears of extreme delight and seemed almost to faint.

For a while, the Red bonze was not able to see clearly;
he could only perceive the dazzling light and new sensations
on his whole body. He could not identify the noise, warmth,
and force of the air; he did not know whether it was the wind or a breath.
It was not clear for him if they were his own sensations or the sensations of another. Somewhat good or rather painful feelings; puzzling, indescribable stimulations and smells came to the Red bonze and left him.
They came and went, one after the other.
He was simply surprised.
He felt hunger for the first time then.

Masamitsu smiled at the Red bonze day after day, every single day. 
He looked after the Red bonze with tender loving care –
when the Red bonze raised a loud voice, when he let so much water overflow from his invisible eyes that still could only see the light,
Masamitsu recited this prayer to the Red bonze:

“ Everything is ok.
   There is nothing around you to fear. You are safe.
   Thank you for coming to our home.
   Thank you. ”


The Red bonze was full of what he did not know.
He was always learning, acquiring new senses.
Because he did not know the sense called ‘Time’ either,
he only felt that new things visited and left him in sequence.
However, little by little he came to recognize what was happening
and when he felt something similar or close.
Through this, he learned about the ‘same’ and the ‘different’.
Somehow or other, he felt the ‘same’ as calm and unhurried,
while the ‘different’ felt busy, overwhelming and exciting.

Sometimes, the Red bonze was wonderfully fulfilled by the sound, smell, warmth, and power that entered him, and this is how he came to recognize Masamitsu.
Masamitsu prayed heartily for the happiness of the Red bonze.
He did all he could imagine doing for the Red bonze.
Through the Red bonze, Masamitsu also realized that
there were a lot of things that he did not know.
Masamitsu took in the sensations and allowed them as much as possible to newly run through from the inside of him to the outside and from the outside to the inside of him, as the Red bonze did. And he dedicated it immediately to the Red bonze.
Because the change in the Red bonze was so quick and dizzying,
Masamitsu was always surprised and impressed.
By the grace of the Red bonze, Masamitsu learned many things.
He wanted to grow more and more.
He learned the preciousness of living.

The Red bonze is a mysterious being.
With his presence alone, the place was renewed instantly and became bright. At the same time, the Red bonze reminds us of important thoughts, scenes and warmth that we otherwise tend to forget all too soon. 
we listen to our senses. It is just as if you are reborn once again,
 and we are able to experience our life anew with the Red bonze,
one moment after the other, like a treasure.

Then we are surprised when we think that
we have surely walked this way before.




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます! より多くの喜びや感動が皆様に届きますよう、 これからも感性や表現(循環)力を磨いていきます。  どうぞ、お楽しみに!☆

やったー!
3

鷲見 幸子

初めまして、鷲見(すみ)幸子(さちこ)です。 岐阜県出身、カナダ・モントリオールに住んでいます。 一生現役 ☆ 大青春家。 萬(よろず)寿屋(ことぶきや)やってます。 どうぞ、よろしく!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。