『ボクたちはみんな大人になれなかった』連載のきっかけとその後について

cakesの人気連載だった『ボクたちはみんな大人になれなかった』が、とうとう出版されて、めっちゃ売れている。

この連載がはじまったきっかけは、cakes編集部の中島くんがぼくの席にきて

「Twitterですっごくフォロワーが多くて、やたらとエモいツイートをする、おもしろい人の小説をはじめたいんです。自伝的な内容なんですが」

という話である。企画書などはなく、口頭だった。ぼくは、

(おまえは何を言ってるんだ)

という感じだったのだけれど、よくわからないまま、勢いに押されてOKしたのを覚えている。

しばらくして、原稿をたしか2本分くらい、見せてもらった。妙に叙情的で心をゆさぶられる文章で、あ、おもしろい、と思った。それからしばらくして、初回の原稿がcakesに掲載された。

最愛のブスに ”友達リクエストが送信されました"

衝撃のひどいタイトルである。それがえらくバズった。

それから毎週、燃え殻さんと中島くんの奮闘がはじまった。燃え殻さんもだろうけど、中島くんも、更新前日は、ほとんど毎週、徹夜だったんじゃないかなと思う。

その後、糸井重里さん、大根仁さん、会田誠さんなど、たくさんのひとのTwitterでも取り上げていただいて、盛り上がりは連載終了まで続き、出版に至っている。

ぼくは半分当事者でもあるんだけど、こういうふうに小説ができあがっていくのは、すごくネットっぽくておもしろいなと思って見ていた。

路上でギターをかかえたミュージシャンが、衝動のままに歌っているうちにお客さんがあつまってきて、そのうちメジャーデビューするのに似ている。小説でもこういうことができるんだ、なんてことを思っていた。

で、本にするとなると、出版社の編集者がついて、あたらしくまとめなおすことになる。新潮社の担当者にも一度会ったんだけど、とても情熱的なかたで、どんな本になるのか楽しみに待っていた。

装丁もオビもすばらしい。いい本になりましたね。

これまでの本というのは、ひとりの編集者が、著者を信じて、つくって、世に問うものだった。でも本書は、成り立ちから連載時、そして本ができあがってからも、常に多くのひとの応援を背に受けて成り立っている。新しい形の文芸作品だと思う。

燃え殻さん、大ヒット、おめでとうございます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。サポートいただいたお金は、noteの他のクリエイターのサポートに使わせていただきますね。

「スキ」って「いいね」よりもエモくないですか?
125

加藤貞顕

コルク佐渡島、note加藤のコンテンツ会議

コルク代表・佐渡島庸平、noteやcakesの運営会社ピースオブケイクの代表・加藤貞顕が、その週にふれたコンテンツについて書いていきます。毎週水曜日更新(予定)!
3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。