最高の家カレーについての本ができてしまいました

同い年の友人に、水野仁輔という人がいる。彼をひとことで説明するのはむずかしい。東京カリ〜番長という組織を主宰していて、会うと、いつもカレーのことを話している。カレーの本は何十冊も出しているし、もっと自由にカレーの本を出したいから専門の出版社までつくってしまった。彼の本でぼくが最高にウケたのは『カレーになりたい』という1冊だ。カレーへの愛の深さが無限大である。最近では、ほぼ日と「カレーの学校」なんてこともしている。

少し前に、はあちゅうさんを交えた作家論争というのがあったが、「作家」というのは、その人の生き方、在り方を表した言葉だ。自分の中からわき上がってくるものがあって、それをよく観察して表現する。そういう人の事を作家という(だからもちろん、はあちゅうさんは作家だ)。

そういう意味で、水野仁輔は、カレーにまつわる作家である(糸井重里さんは彼のことを「カレースター」と言った。たしかに!)。

水野さんに、「で、結局、カレーはどこの店がおいしいの?」と聞くと、「そもそもインドカレーは」「最近のカレーの流行りは」「人々のカレーの好みは」と、いくらでも話が続く。「おいしいカレーのレシピ教えて」と言うと、「あなたはどんなカレーが食べたいんですか?」と哲学的な質問がきてしまう。ドラッカーかよと思ったけど、彼なりに誠実に考えると、そういう答えになるんだろう。

いや、でもね、そういうむずかしいことじゃなくてさ、もうちょっとライトに、スーパーで売ってる材料だけで、家かんたんに作れて、でもすごくおいしい、そんなカレーのレシピを教えてほしいんだよ。というふうにはじまったのがcakesの「ファイナルカレー」という企画である。

わたしがつくる、わたしだけの究極のカレー|ファイナルカレー

このカレー、ひとくち食べると「えっ」ってなるくらい、ものすごくおいしいのだ。それで、この連載をまとめた本が、もうすぐ出ます。

いちばんおいしい家カレーをつくる

水野仁輔の究極の家カレー「ファイナルカレー」のレシピと、「インドカレー」「欧風カレー」のレシピが載ってます。3つのレシピを通じて、カレーづくりの秘訣がつまってて、水野さんのカレー愛も感じられる、とてもいい本になっています。ぜひ買ってみてください。


あと、noteの3周年イベントが5月にあります。

note3周年を記念して、5月30日(火)に「cakes note night」開催!

水野仁輔さんも出演してカレーの話をしたり、カレーの販売もあります。チケットはもう売り切れてるんだけど、当日券もすこしあると思います。もしかすると、追加販売もあるかも。

はあちゅうさんも「やれたかも委員会」の部に登場してくださいます。もちろん、ぼくも行くので、会場でお会いしましょう。


写真撮影:鈴木泰介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。サポートいただいたお金は、noteの他のクリエイターのサポートに使わせていただきますね。

ありがとうございますー。
67

加藤貞顕

コルク佐渡島、note加藤のコンテンツ会議

コルク代表・佐渡島庸平、noteやcakesの運営会社ピースオブケイクの代表・加藤貞顕が、その週にふれたコンテンツについて書いていきます。毎週水曜日更新(予定)!

コメント2件

こんばんは。^^
大好き!で終わらず、更に研究と勉強を続けて、更に人々・社会と共有したい! というところまで進み行くのが大変魅力的で素晴らしいと思います。^^



赤城 春輔
カレーの画像を見たら、カレーを食べたくなるw
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。