見出し画像

坂口恭平さんの個展に行ってきた。

先日、坂口恭平さんの個展に行ってきた。

ぼくが行ったときは坂口さんが在廊していて、作品の解説をしたり、歌を歌ったりしていた(この人は歌もすごい)。

それで結局、1枚買った(写真のなかのどれかです)。額装して自室の壁にかけるのが楽しみだなあ。

コンテンツというのは、人々の想いを形にしたものなわけだけど、そういう意味ではアート作品というのは、そのなかではいちばん「濃い」ありかたになる。コピーではない、1点ものだからね。

ちなみに、坂口さんが先日、自分で出版した画集「God is Paper」も持ってるんだけど、これもすばらしかった。そしてこのひと、文章もすごいんだよなあ。あまり軽々しく使う言葉ではないけれど、こういう人を天才と呼ぶのだと思う。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。サポートいただいたお金は、noteの他のクリエイターのサポートに使わせていただきますね。

うれしいなあ。
49

加藤貞顕

noteやcakesを運営する会社、ピースオブケイクの代表です。

コルク佐渡島、note加藤のコンテンツ会議

コルク代表・佐渡島庸平、noteやcakesの運営会社ピースオブケイクの代表・加藤貞顕が、その週にふれたコンテンツについて書いていきます。毎週水曜日更新(予定)!

コメント1件

坂口恭平さんの言葉のセンス、好きです。(^▽^)/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。