オタクは人の心がわからない

オタクは人の心がわからない。

小学生のころ、パソコンを買ってもらった。

Z80のマシン語を学ぶには、人の心がわからなくてもまったく問題なかった。むしろ友達と遊ばないほうが、プログラミングがはかどる。

中学生になり、女の子に興味を持ち出した。話してみると、何を考えているのか、まったくわからない。

あるとき、女の子といい雰囲気になって、「キスしていい?」と聞いた。返り値はイエスかノーの二択だと思っていたオタクはビビッた。女の子は、「なんでそんなこと聞くの?」と怒り出したからだ。

オタクはコンピュータをやめた。

そのかわりギターを買って、バンドをはじめて、KPI*を「モテ」に切り替えた。なぜあの質問で怒ったのかはわからないままだったが、何人かの女の子と接していくなかで、なにをすると、どうなる、という経験値は積み重ねることができた。*Key Performance Indicator

しかし、どんなに努力をしても、体育ができるヤンキー的なひとたちにはビタイチ勝てないのである。彼らは、人間の感情について「感じる」ことができる。だれかが悲しんでいたら、横でいっしょに悲しむことができるのだ(これはモテる)。

オタクは「感じる」才能が乏しいので、いちいち論理で考える必要がある。こういう事象なら、きっとこれくらい悲しいのではないか→ならば、なぐさめるべきではないか、と(結果、余計なことを言ってしまうことも多々ある。これはモテない)。

大人になって仕事をするようになったオタクは気がついた。ずっと考えてきた「女の子ってなにを考えてるんだろう」という問いは、つまり「人間とはなにか?」という問いだったのではないか。実際、男も女も、やさしくされればうれしいし、冷たくされたら悲しい。それほど大きなちがいはない。

この問いを抱えてきたことは、仕事には役立った気がする。コンテンツをつくるというのは、人間の感情を、言語などで形にして、作品に仕上げるということだからだ。メジャーな感情や物語については、知見を積み重ねやすいから、ある程度は、定式化できる。

しかし、そうやって後天的に学んだ知識は、現実社会では、すぐにボロが出る。実際の人間関係は、もっと繊細な事象に満ちているし、ゆるやかなバランスの上にある。ややこしいことを書いたけど、要するに、すぐだれかを悲しませたり怒らせたりしてしまう、ということだ。

いま、オタクたち(の一部)が人工知能に熱狂している。これは、ぼくはちょっとわかる気がするのである。なぜかというと、コンピュータが、いままでの得意分野だった「論理」という枠を超えて、「感情」にアプローチできる可能性を感じるからだ。

冒頭のオタクも例外ではなく、そういう可能性を感じているという話がある(Welq文体)。

ということでピースオブケイクでは、エンジニアとCEOによる、数学勉強会をはじめることにした。毎週、プロの講師を呼んで、数学を学ぶのである。まずは、Deep Leaningをちゃんと理解したいということで、今週はこの本を読んでいた。

『キーポイント線形代数』

オタクのみなさん。ピースオブケイクで数学を勉強して、人工知能を極めるとモテるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。サポートいただいたお金は、noteの他のクリエイターのサポートに使わせていただきますね。

「すき」と「スキ」は正直どっちにしようか迷いました。
145

加藤貞顕

コルク佐渡島、note加藤のコンテンツ会議

コルク代表・佐渡島庸平、noteやcakesの運営会社ピースオブケイクの代表・加藤貞顕が、その週にふれたコンテンツについて書いていきます。毎週水曜日更新(予定)!
3つのマガジンに含まれています

コメント5件

最後は求人なのか(笑)
この現象はオタクとは関係ないでしょうが、
共感性の強弱は論理と感情の優先性とかと関連すると思われます
文明の発展と共に論理の優先性が上っていると思われ、
農業以降人類の共感性は少し弱めになるように進化していると考えています
極めてもモテない気がするのは私だけではないでしょう。
感情を察する事が出来ない気持ち、わかります笑僕も勉強会行っていいですか?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。