何度も読み返したい素敵な文章の数々vol.10

1905
ノート

GoogleやTwitterに学ぶ転職者受け入れのコツ

Harvard Business Reviewで、米企業の新規採用者のOnboardingプロセスについての工夫が多く挙げられている記事があり、実務上とても参考になりそうなのでまとめてみたい。 

Google

まずはGoogleの仕組みについて。Googleでは、社員の入社日直前の日曜日に、マネージャーに対してメールで6項目のチェックリストを送っている。

・仕事の役割と責任(Role & R

もっとみる

「内面の葛藤」はそれ自体では解けないということ

元の記事を書いたのはすでに2年半も前。長女の育児に追われ、仕事とのバランスをどう取ればいいのか悩んでいた頃です。自分にとっての仕事の位置づけも大きく変わりました。「内面の葛藤」それ自体は形を変えてずっと残りますが、仕事と育児をバランスさせながら、そこにどう向かい合っていくかはその時々で変わっていくのかなと思っています。

------------------------------

この記事で書

もっとみる

桃への重い想い。

桃の季節だ。スーパーにももももももももーっと並んでいる。

私は果物の中で、桃が一番好きなのだが、こんなに好きなのに、毎年せいぜい食べて2~3玉。今シーズンもまだ陳列されている桃を眺めただけで、買っていない…。理由はわかっている。

桃は超贅沢品、と言われて育ったせいだ。

確かに、果物の中ではお値段は高い。いい桃だと一玉500円くらいする。もっとするのもある。けど…これってなにも桃に限ったことじ

もっとみる

一人で年間200冊! ブックデザイナー井上新八の過密をきわめる鬼ルーティン24時間

書店さんに並んでいる、
数えきれないほどの本。

そのうちの1冊を、
なんとなく、
吸い寄せられるように、
パッと手にとってしまった。
そんな経験はありませんか?

実はそこには、
デザインの魔法が存在しているのです。

こんにちは。
サンクチュアリ出版編集部の大川美帆です。

今回、お伝えしたいのはこの方について。

井上新八(いのうえしんぱち)1973年東京生まれ。フリーランスデザ

もっとみる

「オレンジジュースを飲みたいのか?飲むべきなのか?」休職したときの話。

社会人4年目の頃、4ヶ月休職をしたことがある。当時、いわゆる「こころの病院」へ通院していた。

「さとうさんね(旧姓)、あなたに出す薬はありません」

「え?」

「あなたに必要なのは、“遊ぶこと”です。とりあえず遊んで、遊んで、遊びまくって、2週間後にどんな風に遊んだか、教えてください。」

こんな風に診察をする先生だった。

当時私は、かなりハードな労働環境にいたことと併せて、根っからの体育会

もっとみる

旅行の話

わたしはこれまで旅行にほとんど行ったことがなかった。両親はあまり出かけるのが好きじゃないみたいで、小さい頃の家族旅行も覚えてる中では2回くらい。両親とも病気の時期があって、夏休みもずっと家でテレビを見て過ごしてるだけの時期もあった。ほんとに一歩も外に出ず。

母はいつもわたしに、出かけると疲れてしまうから家に居なさいと言っていた。小学生のとき、みんなが家族旅行に行った話を聞くのが嫌いだった。うらや

もっとみる

入院の話

入院をした。腎臓が炎症を起こして高熱が出て病院に行ったら即入院。今日退院した。

入院している間はずっと寝ていた。朝も昼も夜もずっと寝ていてやっと起きたのは退院の前の日くらい。ずっと寝たかったんだと思う。悪夢を見なかった。

同じ病室の人で、なんらかの理由で足を怪我してかなり重症になって入院してきた人がいた。毎晩、足が痛い、足が痛い、みんなわたしの邪魔をする!なんでなの!と大きな声で叫んで看護師さ

もっとみる

自分のキャパは何で決まるか(4種類のキャパの話)

キャパオーバーしてしまうと、自分を自分らしく保てなくなりますよね。ということで、今日はとても大事な「キャパ」の話。

予定がないから休む、ではなく
休むという予定を入れる

先日、大学にお邪魔してお話しした時に、学生から「つい自分の予定を詰め込み過ぎて、ヘトヘトになってしまうんですけど、どう管理すればいいですか?」と聞かれました。分かる分かる。

その時、僕はふたつのことを伝えました。

ひとつめ

もっとみる

全人類がやるべきGmailを100倍便利に使う方法

こんにちは、梅雨真っ只中のところGな話で恐縮ですが365日シーブリーズ黒田明臣です。

弊社、株式会社ヒーコでは社内共有データやメール管理は皆さんおなじみGoogle Appsを利用しています。GmailをはじめGoogle CalenderやGoogle Documentなど、オフィスライクなアプリケーション勢揃いの何でもござれなクラウドサービスですね。

いまこの世の中にGmailを使っていな

もっとみる

同じ釜の飯を食う

パンと日用品の店「わざわざ」にはちょっぴり変わった賄い制度があります。それは飲食店では珍しくもない賄いというシステムを、そのまま会社に流用して、わざわざで働いている人には毎日福利厚生として昼ごはんを一食提供するというシステムです。

大きな会社になると社食というものがあって、その中で格安でご飯を食べられるということになると思いますが、わざわざでは、全て無料で全員一緒に昼ごはんを食べることを9年間続

もっとみる