「なめらか」って何?

今週も自分の原稿を書いているので、日記とちょっとしたもののみのアップで!

この続きをみるには

この続き:10,773文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り7/ 10

「なめらか」って何?

佐渡島庸平/コルク代表

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
19

コルク佐渡島のコンテンツ会議

毎週水曜日にアップしているコンテンツ会議の有料部分を月額定額で読むことができます。また、マガジンの購読者限定の特別コンテンツとして、僕が一緒にやっている新人マンガ家・新人作家の作品の紹介、登壇したイベントレポート…なども配信していきます。
1つのマガジンに含まれています

コメント3件

待ってました〜!
今回も色々インスピレーションの湧く内容で、楽しく読ませていただきました。

また感じた点を3つ。

1)この章でおっしゃりたいことは、
  こうなのかなと思いました。

 = インターネットによって「なめらか」で自由なる部分がある一方
  「情報の爆発と可視化」によって、人を不幸にしている部分もある。
  その解決の鍵となるのが「ネット上の健全なコミュニティの発展」である=

2)アイデンティティの話、教育システムの話
  一つ一つとても大切な話で引き込まれるのですが
  この章全体のなかで、どういう位置づけを狙っておられるのかが
  ちょっとわかりにくかったです。

3)問題解決型から、問題発見型へ!
  なるほどー、と思いました。大きなお題を与えられて
  ひたすら解決に邁進する、というスタンスから
  問題自体を問う、あるいは問題自体を発見し視点を
  アップデートするというような時代になってきているのを
  感じます。
   
日記での現実の出来事と、著作のプロセスのシェアに
励まされています〜。こんなにお忙しい中で書いてらっしゃるんですね。ほんと、すごい。。
コメント書きます!またギリギリになってしまいましたがw内容についてはすごく納得感がありますが、アイデンティティのストーリーや教育の話が全体的な位置付けがわかりにくいかもしれません。流れがわかるとよりよいかと思いました。この原稿の言いたいことはなんだろう?と考えた時に自分が象徴的な出来事として思い出したのは、数年前に都議会のセクハラ騒動があったときに、ネット上であっという間に数万件の署名が集まった、という話でした。ご参考までに!
アイデンティと教育についてのこと、ゲラで考え直します!すごく参考になります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。