なぜミュージシャンは活動休止しても復活できるのか?

売り切れ

今回も原稿を書いていて時間がないので、有料部分のみの更新です。

もらうコメント、サポートがすごい励みになっています。


いつも、スケジュール帳をみながらでないと、やったことが全く思い出せない。他の経営者ってどうなのだろう?

ゴルフとか将棋のプロは、すべてを覚えているというけど。
2/14(水)

この続きをみるには

この続き:7,613文字
記事を購入する

なぜミュージシャンは活動休止しても復活できるのか?

佐渡島庸平/コルク代表

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

ありがとう!コメントももらえると嬉しいです!
33

コルク佐渡島のコンテンツ会議

毎週水曜日にアップしているコンテンツ会議の有料部分を月額定額で読むことができます。また、マガジンの購読者限定の特別コンテンツとして、僕が一緒にやっている新人マンガ家・新人作家の作品の紹介、登壇したイベントレポート…なども配信していきます。
1つのマガジンに含まれています

コメント3件

水曜日は朝からサディいつ更新するのかなぁと楽しみにしているよ。


早くヒットをつくることを求められることと、作家さんのファンをつくったり育成すること(一定時間がかかる)のジレンマがあって安野さんのお話ちょっと泣きそうになった。


>自分のことを深く理解しようとしてくれている人が一定数以上いること。それが、作家の幸せに直結するのではないか?

これって作家に限らずありそうだなぁと思う。
原稿応援してます!
大きなヒットより、コアなファンを作ること。出版はパレートの法則が成り立たない世界だったが、これから成り立たせようとしていること。基本に忠実になるべしということ。全部すごくよかった!!
面白い!具体的な作家さんたちとのやりとり
そして佐渡島さんのまなざしが所々に感じられて
出版業界に馴染みがない私にも、背後にある数々のドラマを感じました。                            
1)ハードからソフトへの時代が変化。
  そしてソフトは「ファンコミュニティ」を
  いかに健全に育めるか?がカギ。
  ファンコミュニテイも含めた作品作り。
  まさに今、コメントできる私も佐渡島さんの次なる著作に
  関わらせてもらっているんだなあと嬉しくなります☺️ 
2)ツイッターの話は、クリエイターの方だけではなく
  すべての人に当てはまる大切なメッセージですね。
  誰もがファン・コミュニティを育むスキルが必要な時代?!
3)作品のファン→ 作家のファン→ 作家のファンコミュニティへ
  ファンからファンコミュニティへ、ジャンプアップするのって
  どういう場合かなあ、と私の頭の中で一人ブレストしています。 
  作家もファンもお互いに消耗しないためには、
  金銭的な継続関係はもちろん、コミュニケーションスキルも
  大切かなあと感じています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。