ファブリックテープで手作り子ども用ハンガー


DIYというほどすごいもんでもないけれど、100円ショップで手に入れたグッズで作ったハンガーを作った。

セリエ(300円)
・ファブリックテープ×2
・ハンガー(10本組)×1

ダイソー(600円)
・ファブリックテープ(3本組)×5

合計800円で作ったよ。

手作りハンガーで検索すると、みんな可愛い布や端切れを使ってボンドと一緒に巻き付けているようだったけど、私は手が汚れるのが嫌だったのと、可愛い布などが家になかった(そもそもミシンもないし、裁縫もしない)ので、もっとも簡単にできるファブリックテープを使用。ダイソーでは3本組で100円だったので、セリエで購入したものよりお得だった。

ダイソーで買ったファブリックテープたち(とピクルス)

コツ&まめ知識的なもの
・ファブリックテープは、3センチ幅のものより、1.5センチ幅のものの方が角を巻きやすいし、綺麗に仕上がることが分かった。テレビの前で映像を見なくてもいい番組(衆議院選挙関連の演説)を聞きながら作業。10本でだいたい1時間弱くらいだったと思う。
・テープはだいたい3、4等分くらいにして巻くと巻きやすい。はがした白い台紙は途中で適宜切っていくと、巻くときに絡まなくて済む。よってはさみとゴミ箱を横に装備。
・ダイソーのファブリックテープ(3本組)の方がテープ生地が薄いので、細めに仕上がった。薄い方が巻きやすいが、セリエのテープの方が若干高級感がある。ただしセリエのものは巻き止めしたところからテープが多少浮いてくる(厚みがあるため)ので、あとでボンドで貼るなどの工夫が必要。


完成版はこちら。


余ったテープで大人用のハンガーも作りました。これは一巻き+1/4巻きくらい必要。クリーニング店でかけてもらうハンガーってそのままだとなんだか味気ないけど、テープ巻くだけでこれからもずっと使えそうな気がしてきました。ということで嵌ってます。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

saereal

ライフとワークに関する徒然ノート

働く女性研究者が妊娠・出産・子育てと仕事について考えていることを書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。