マジック解説  【F・A・C(Find A Card)】

【F・A・C(Find A Card)】

最速でカードを探そう!!!!

【F・A・C】はFind A Card、つまりカードを見つけるということ。

通常のカードマジックは、まずカードを1枚観客に選んでもらいます。その後1組に戻すなどしてその中から探し出すわけですが、観客が選ぶカードはほとんどの場合フリーチョイスとはいえ裏向きの中から1枚を選びます。

もちろん観客にとってはそれを当てられれば不思議なのですが、もっとダイレクトにカードを出現させることができたらと思いました。

例えば観客が自由に指定したカード、裏向きの中からマークと数字が見えない状態で選ぶのではなくて、観客自身がマークと数字を決めて、それが瞬時に出現するとしたら・・・

カードマジックでこれ以上の不思議はないのではないかと。

それをどうにか再現できないかと。

そういう意図で【F・A・C】を作りました。まあ、作ったというよりも経験の中で自然に出来上がったという感じですが。

結果から言えば、観客の選んだカードを当てるものよりも、圧倒的に観客は驚きます。

観客はマジックに大きな期待をします。マジシャンはどんなことでもできるのではないかと思います。もちろんマジシャンが観客のリクエストにすべて答えることなどできないのですが、それでも観客が自由に言ったカードがすぐに目の前に現れる現象は、選んだカードを当てる以上のインパクトがあるのです。


例えばこんな感じ・・

マジシャン「お好きなマークと数字をおっしゃってください。」

観客「じゃあ・・ ハートの8」(完全に観客自身の意思で決めたフリーチョイスです。)

マジシャン「それでは瞬きをしないで下さい・・・」

ハートの8出現。

観客「・・・!?!?!?」


文章にするとこれ以上ないくらいシンプルでダイレクトですが、実際の演技でももちろんこのくらいです。

経験上観客の多くは声が出せなくなるほど驚きます。だって、自分自身で自由にカードを決めたのですから。

完全に魔法にしか見えないでしょう。


【F・A・C】はカードを可能な限り早く探し出すための原理、テクニックです。

しかもほとんど表を見ずに探すことが可能です。

さらにテクニックだけではなく、観客へのアプローチ、

考え方などについて細かく解説しています。

解説動画は40分にも及びます。

ハードルは高めですが、ぜひ身につけてください。


そして最高の不思議を観客に。


解説は有料になります。

※ノートの購入に関して不明な方はこちらをご覧ください。
https://note.mu/info/n/nfbe3bbeada76


この続きをみるには

この続き:1,810文字

マジック解説  【F・A・C(Find A Card)】

マジシャン Saggy

700円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。