【ランニング日誌】 2019.3.2「広隆寺-広沢池-清凉寺-愛宕神社一ノ鳥居-六丁峠(折り返し)」

気温10.4°、距離14.14km、時間1:21:07、平均5:44min/km、高度245m
・2019年:5日目、累積距離57kmぐらい
<シューズ>
・ルナサンダル(使用:累積22日 距離223kmぐらい)
・サロモン(未使用:累積2日 距離6kmぐらい)

先月予定していた愛宕山(標高 924 m)はメンバーの都合がつかず延期となったので、ちょっと近くまで走りに行ってきた。

今回も前回同様ルートはロードのみ。前回、左大文字(金閣寺裏)の近くを走ったんだけれど、今回は同じく送り火の最西端である「鳥居」の麓にそって愛宕神社の一ノ鳥居から、保津峡に抜ける六丁峠を登りきったところで折り返しするルート。

花粉の症状としてはすでに数日前から発症し始めており、まぁ例年と同じ感じ。ランニングを始めてから毎年3月はパッタリと走るを止めているが、今日はちょっと試しに走ってみた。

前半の7kmはサングラスで目を保護しながら、口元は何も付けずに走ってみたが特に影響はみられない。週末のこの時間はすれ違うランナーの中でマスク姿の方も何人かおられ、あー同じく花粉症なのだろうと、少し親近感すら覚えていた。

六丁峠で折り返して、愛宕神社一ノ鳥居(平野屋)付近で水分補給をした後ぐらいか少し違和感を覚えるも、くしゃみを一つする程度だったけれど、ふたたび広沢池に着いた時にはもう駄目であった。くしゃみは止まらず目はショボショボ…。マスクは持って行っていなかったので、首に巻いていたてぬぐいで口元を覆って、どうにか帰宅ー。

すぐにシャワーを浴びて花粉を拭い落とし、常備薬である「フェキソフェナジン」を投与して今回の投稿を書いている。(ふーーー)

(冒頭写真は六丁峠。法面の補修工事をされていた)

ちなみに、まだエントリーはしていないけれど、5月に開催される比叡山のトレイルレースは目指しているって感じ♪(難しいかも...)

愛宕神社一ノ鳥居と平野屋
(鳥居の足元にワンちゃんがいるけど、平野屋の犬かな?)

広沢池(年末の鯉揚げで水が抜かれる)
3月2日だとまだ水量は回復していない。少しずつ戻していくのだろうな。

#ランニング #ルナサンダル #愛宕神社 #広沢池 #花粉症

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

僕は「note」を無料で投稿しています。備忘録としての側面が強いですが、もしも誰かの役にたって、そのアクションの一つとしてサポートがあるなら、ただただ感謝です。(noteで誰かのサポートに使おうかと♪)

素直にうれしいです♪
1

佐原 誠

ランニングがもたらすこと

頻度は少ないけれど定期的にランニングを続けていることになるので、趣味の一つと言っても良いかと思っている。https://www.sahara-makoto.net/running
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。