アロマクエスト|(8)|変化−5

そのモノたちは、いつから現れたのだろうか。

姿形は人のようではあるが、全体的に色彩というものがない。

顔の部分も、はっきりと判別できない。

まるで影法師のように、ゆらゆらと揺れている。

言葉を発することもない。

気がつくと、背後に立っている。

物理的な攻撃があるわけではない。

ただ、その姿を見てしまうと心身の不調が現れるのだ。

不安感。
焦燥感。
イライラ。
脱力感。
胃腸の不調。
吐き気。
頭痛。
肩こり。
呼吸器系の不調。
血圧の上昇。

どうやら、その人の弱っている部分に影響を与えるようだ。

いつしか、そのモノたちを「スウェイング・シャドウ(揺れる影)」と呼ぶようになった。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

そして人間に、新たな災いが降りかかることになる。

スウェイング・シャドウに襲われた人間が、スウェイング・シャドウへと姿を変えていったのだ。

その数は、次第に増えていく。


いったい、何者なのか?

どこから来たのか?

何のために、人を襲うのか?


これらの謎は、しばらく解明されることはなかった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

sai_taka

アロマクエスト

ふと、頭に浮かんできた物語です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。