20190516ナスの復活

トマトとナスの復活

「八十八夜の別れ霜」。

農家の人から教わった言葉です。

立春から八十八日目の「八十八夜」になれば
もう霜は降りないと言う口伝えです。

今年だと5/2が八十八夜になります。
トマトやナスの植え時。

菜園デビューしたボクを大オジサン部隊も
手伝ってくれて、

植えたトマトとナス。

ボクの菜園デビューを大オジサン部隊メンバーがサポート・・・♪

それが5/8に霜が降り、
壊滅状態・・・

呆然として見ていると
農家の人に言われました。

「こういうのを『泣き霜』って言うんだ」

降らないと思っていた霜が降って
野菜がダメになってしまい
泣くしかない・・・

「泣き霜」

また、新しい農家用語(?)を覚えました。

しかし、それがどうでしょう。
5/16、見沼菜園クラブに行ってみると

霜で枯れたに見えたトマトとナスから
新しい葉が出ています。

「ナスには望みがある。
たとえ、霜でやられても、
また若葉を出し、
その枝は絶えることがない。

たとえ、トマトが枯れても
土の中で根が水分に会えば、
芽を吹き、
新しい枝を出す。」

チャンチャン・・・♪

良かった、ヨカッタ♪

半農予備校・菜園起業大学のウェブサイトでこの記事を読む

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

野菜栽培レッスンプロの読書ノート&雑記帳

半農でお金を稼ぐ「菜園起業」する人を養成する「半農予備校・菜園起業大学 http://saienclub.com 」を運営している野菜栽培レッスンプロ・増山博康の読書ノート&雑記帳です。古典についての格調高い(?)論考から日々の菜園での熱闘ぶりまで色々書いてます。

見沼菜園クラブの菜園教室

半農予備校・菜園起業大学が運営する見沼菜園クラブの菜園教室。菜園ファミリー、菜園デート、そして大オジサン部隊。いろんな人がやってきます。その様子をご紹介致します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。