1度した決断を変えた出会い

私のなかで、人生を変えた出会いというのは、多分2回あるのですが、今回は2回目の話をしてみます。以前にも同じ人の話を記事にしたことがあるので、記事を貼り付けておきます。

では、本題に。

私は高校卒業後、約1年の職業訓練に通ったのですが、就職に失敗し、ニート生活をしておりました。
「ずーっと家にいるのは、さすがにどうなのか?」と思った私の家族が情報を集めた結果、私は、福祉作業所に入所することになりました。

福祉作業所に入ったとき、私はこう思ったのです。
「今日からずっと、ここが私の居場所だ」
と。
それからというもの、多少困ることはありましたが、福祉作業所を利用し、楽しい日々を過ごしていました。

転機の序章は、それから約1年半経った4月のこと。
前年度に男性職員が1人退職したことに伴い、新しい男性職員がやってきました。

その人こそが後に私の運命を変える、Yさん(仮名)でした。

Yさんの第一印象は、「気が合うかもしれないなぁ」と思う程度で、特にタイプというわけではなかったと思います。
Yさんのことが気になりだしたのは、その年の6月頃のこと。夏風邪を引いてしまって体調が悪くなってしまった私にYさんが、「お大事にしてね」と帰り際に私にだけで聞こえるような声で伝えて下さったのがきっかけでした。
それから、第一印象の読みどおりアニメの話題で気が合ったり、優しく声をかけてくださったりするYさんのことが好きになってしまいました。
ただ、私とYさんは福祉作業所の利用者と職員という立場。本気で好きになるわけにはいかないと、私は思っていました。

が……、福祉作業所の利用者仲間から受けていたセクハラの告白に対して、「気がつかなくてゴメン!」と謝られたこと、家族の迎えが来れず1人で家に帰ることになった私をYさんが家まで付いてきて気にされたことをキッカケに本気で恋に落ちてしまいました。

それからというもの、進むも地獄、戻るも地獄、ちなみに立ち止まっているのも地獄……みたいな状態になってしまった私は、周りにYさんへの好意がバレバレになるような態度を取ったり、告白してみたりしてみました。
でも、Yさんにとって私は利用者の1人に過ぎず、相手にしてもらえませんでした。2回目にして告白の返事をもらえたのですが……

「今はお付き合いすることを考えられません」
この、『今は』という言葉を間に受けてしまったことが間違いの1つであったと私は思っています。

出会ってから2回目の告白をするまでにおおよそ3年ほどの月日が流れ、その間に東日本大震災という大きな自然災害で、恋愛以外でもいろいろな考えを改めることもありました。
そして、2回目の告白の返事をもらった年の秋、就職を期待するためか、私への当たりがキツイ他の職員に注意されてしまったところをYさんに励まされます。

そのとき、私は女子トイレの中でワンワン泣きました。号泣もいいところ状態です。
泣きながら、私はこんなことを考えました。

「好きなのに、こんなにYさんのことが好きなのに、利用者だから振り向いてもらえない……どうしたらいいの……??就職したら利用者ではない自分としてみてもらえる……?!」

はい、これが私が就職しようとした理由です。(もちろん採用面接では一言も言っていませんが)

そう思い立った私は当時の作業所の担当者(Yさんではないです)に就職したい旨を伝え、短期の職業訓練に通ったのち、障がい者の就労援助センターに登録きます。
その援助センターから今の会社を紹介され、「(給料がすごくいいと思ったため、)こんな条件で入社できるわけないよ!」と開き直って試験を受けた結果、何故か採用されて今に至ります。

1度は就職を諦めた私が、就職してしまうという話でした。

以下は後日談ですが、就職するキッカケをくれたYさんとは、結局のところ、お付き合いはできませんでした。
Yさんにとって私は就職しても(元)利用者の1人でしかなかったのです。

そういえば、つい1週間くらい前に連絡を取っている仲のいい利用者仲間さんを通じて、「恋人できた?」とYさんに心配されてしまいました。
Yさん本人はオタク趣味の傾向が(私分析で)あり、2.5次元か2次元に夢中で一般人に興味などなく、私のことが好きになったわけではなさそうです。Yさんなりの振ってしまった罪滅ぼしのつもりなのでしょかね?(利用者仲間の人にはこの恋の話をしていないため、そのやり取りの中で訊くことはできません)

今では、「就職した理由に結論がついて、お金もそろそろいいかな?と思っているのに、なんで私まだ働いているんだろう……?」と思っています。

#エッセイ #人生を変えた出会い #恋愛 #失恋 #就職

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ、頂けて嬉しいです♪
1

彩希弥生

契約社員に飽きてきた、何かを伝えたい車椅子ユーザーです。日々思うことの記事をとおして皆様に気持ちをお伝えしていけたらよろしくお願いいたします。画像はだいぶ加工した伏し目がちの私です。

車いすの民間就労

会社、職場、仕事関連の無料公開記事をまとめたものです。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。