さすがに負けられないのか:2018 天皇杯3回戦/ 関西学院大学

◆皆みんな狙ってたな
NHK、絶対下位リーグかアマチュアがJ勢を叩くという絵が欲しいという理由で中継対象試合決めてるし、まあどのマスメディアもそうだからおれたちのゴール裏にだけカメラマンいたりしたんだけど、そういうの普通に傷つくからそろそろ止めような。いやおれも他人事だったらスゴイネ~とか言うんだろうけど…。
あと個人的にはJ2って中断もクソもないし目的はリーグ戦=昇格だと思ってるので試合数増加になってしまう天皇杯はあんまり勝ち進みたくないのに「アマチュアに負けられない」「プロの意地」みたいな構図に持ち込んで戦略的撤退ができない雰囲気にするのは止めてくれよ…J2に10年いる人間としてはそう思うんですよ…。

◆関学戦
虚無の試合だったんですよ。虚無っていうかムカついたので個人的にはクソ試合認定なんですけど、マジで、まじで虚無の試合。前述の通り、おれは天皇杯捨ててリーグに集中してほしいタイプなので(アマチュア相手に)勝つならせめて力の差を確認するようにバキバキに勝ってほしいんですよね。
前提として、関学は確かに強いというか、ものすごくがっついてて、綺麗にサッカーをやろうとしてしまうチームには滅法強そうだったし、実際ゴリゴリ来られたことでうちのサイドは殴られまくったわけで…。前半は10番と18番の前線、後半は4番を中心としたDFがゲームを作ろうとしてきて、実際に半分以上の時間はそのやり方に乗せられていたという…。
得点した平とか最後の関学からの攻撃にも絶対ゴールを割らせなかった柴さんとか、DF陣は無失点に抑えたし良いんだよね、特に…まあ次はピンチを未然に防ごうなみたいな話をすればいいだけなので。問題はドゥグとアランお前らだぞ。やる気が無いのは分かるがせめて、せめて走ろうな…ブラジル人が走ると言われる夏やぞ! いやあまりにも暑いので省エネするのは分かるけどやる気が底過ぎるだろう…だろう…。本当にクソクソムカついたのは結果オフサイドではあったけど(多分誤審なんだけど)オフサイドっぽいぞという時点で走るのを辞めてゴールの意思すら放棄したアランのプレイですね。勘弁して。
この試合、勝ったけど、そして西が丘ではあったけどラインダンスは無しにしたそうでわ、分かる〜って言ってしまった。

◆よだん
でも西が丘はメインスタンに行くと選手がふっつーに歩いているのですげーなといつも思ってしまうし、今回は本当にレアンドロがいた(味スタでも見たけどその後一時帰国したから不安だった)のと寛也が思ったよりデカかったのが面白かったです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

ふき

Jリーグを見に行った話と好きな選手の話しかしない備忘録用アカウント。 基本的に緑と鹿。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。