完璧な夏祭り:2018 J2第25節/ 新潟(H)

◆君がいた夏は
平日ナイトゲームだったんですけど、新潟サポはめちゃめちゃ来てくれてたし新潟から味スタはそれなりに来やすいはずなので、やっぱり土日にやりたかったですね。来年同じカードが組めるか分からないから尚更ね…。
新潟、やっぱり善朗を見るとどうしてもどうしても「なんで味スタのピッチをまた踏めると思ってんだ」くらいのことを考えてしまうんだけど(試合後の挨拶とか、富澤連れてこいや! くらいのアレ)どこから見ても、背番号が見えなくてもプレイしてなくても立ち姿だけであっ善朗だ…って分かってしまうのでまじで精神衛生上良くないな…。

◆新潟戦
なんかブラジル人頼みとか方方から言われてるっぽいんですけど、まあ…この試合は…せやな…とは、多少は思ってしまうけど…。まあでも数節前はスタメン全員日本人とかやった上でこのチーム状況なので東京Vの選手層が例年より厚くなっていると解釈してもらえると正しいし嬉しいんだよな…いやでも、レアンドロは反則級だということが全方位に向けて証明されてしまったとは思う。裏でやってた徳島-福岡のウタカもお前それどうなの? って感じの活躍だったけどレアンドロは20分程度しかプレイしないでこれ(2アシスト)だからね。そもそも判断スピードが段違いすぎたしその上でミスしないの、チートだ…。ドゥグは今年もここから調子上げていく感じっぽいので、去年の再現か? と思ったけど、この試合では想像以上にプレイの質が良かった(前節まではなんだったんや??? くらいのレベル)ので去年を越えてほしいし、アランはまだ妙な判断が多いけど、特有の嫌らしさが出てきたのでまた期待をしてしまう。レアンドロ、ドゥグ、アランが好調で噛み合ったら失神するレベルで面白い攻撃が見れてしまうんじゃないだろうか。しかもそれに陵平をはじめ、攻撃的ポジションの選手が絡めるとなったらここ数年で最大の面白さになるんじゃなかろうか…。期待がすごい。また真夏の夜の夢を見てしまった。
翻って心配なのは守備陣かな~…色んな面で心配があるんですけど、後半の井林のヘディングミスが最強にヤバかった(あれで決められてたら終戦だった)というのが一番の心配事です。連戦…夏場…の上でのミスかな…早く涼しくなってほしいのとマジで気をつけよう! って感じだ。あとこれはプレイ云々じゃなくて、上福元が最後の方ふらついてるように見えたので体調の部分が心配。GK含めたDF陣、控えに頼もしい選手がいるとはいえやっぱり一番「替えが効かない」ところなので。これは本当に何度でも言いますが…。
PKについてはうわ~ちょう久しぶりに被PKを見たぞ! という感想しかないし退場はしてないからセーフだしそっちサイドは前方守備スッカスカだったしな…みたいなお気持ちなんですが、田村がめちゃめちゃ気にしてたのでごめんね…って思った。でも3点目に繋がった気が狂いそうな滞空時間のクロスが最高だったから田村には今後もバンバン活躍してほしいですね…。あと被PKの時、上福元めちゃめちゃ堂々としててこれは止めるのでは??? みたいな空気があったんだけど、そういう空気出せるGKめちゃめちゃ貴重だし上福元マジで猛スピードで成長してんなって感じている。
あとこれだけは言っておきたいんですけど、小川佳純の侵攻を止めるためにブロックしてた内田が、さりげなく腕を上げて体格差カバーしてたの、そういうところめちゃめちゃに好きなんですよ、現実主義が滲み出てて。小川佳純も田中達也も本当にうまい選手だし実際に点も取られてしまったけど、今後もそういうレベルの選手をその現実主義でハチャメチャに、引導渡す勢いで止めてしてほしいんだよな。内田は真面目にそういう役回りの選手でしょ。


◆よだん

夏祭りイベントやってたし平日特有の開放感もあったから自分のキャパを見誤った量のスタジアムグルメを食べてしまい苦しくなりました。開幕戦とかアウェイとか、はしゃぐとマジでやりがち。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ふき

Jリーグを見に行った話と好きな選手の話しかしない備忘録用アカウント。 基本的に緑と鹿。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。