#10 レガート奏法のポイント[1]ベートーヴェンソナタ第3番より

この note では、「レガートの奏法、表現」についてベートーヴェンのピアノソナタ第3番を題材に動画で解説しています。

どんな曲でも重要になるレガート。

今回の動画では、

◯打鍵と離鍵のスピード、なめらかさ

◯ターン、トリル

◯順次進行(スケール)と跳躍進行(アルペジオ、その他)のレガート

◯アルペジオは複数の音が集まって一つの和音を作っている

◯半音の刺繍音を美しく弾く

などを中心に動画で解説しています。

※以前動画アドバイスサービスで作成した動画の一部です。

今回はミニ動画で、2分40秒ほどです。

ではご覧ください。

この続きをみるには

この続き:106文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
毎月2〜3回以上、ピアノ練習やレッスンのポイントをテキストや動画で配信します。 +ご登録の方はご質問・相談にお返事します! オンラインのレッスン室であなたもピアノ上達しませんか?

ピアニストさいりえによるオンライン講座&小さなコミュニティ。 ピアノ練習やレッスンのポイント、さいりえ自身の練習内容やブログで書かな...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

さいりえ(ピアニスト/ピアノレッスン)

ピアノ弾く人。東京藝術大学卒・院修了→1年就職→フリーで演奏&音高講師12年。趣味&副業はブログ運営💻犬と紅茶好き🐕☕️運営サイトや演奏動画一覧はこちらです→https://is.gd/JK15SZ

さいりえのオンラインレッスンサロン

ピアニストさいりえによるオンライン講座&小さなコミュニティ。 ピアノ練習やレッスンのポイント、さいりえ自身の練習内容やブログで書かない話をテキストや動画で配信します(月2〜3回以上)。※ 購読中の方からはご質問やリクエストも受け付けています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。