賽助【『君と夏が、鉄塔の上』連載中】

小説家・賽助(@Tettou_)の作品を連載しています!『君と夏が、鉄塔の上』文庫版発売中!(更新は担当編集が行っています。賽助さんはnoteでコメントしませんので、ご感想はぜひTwitter〈@Tettou_〉へ!)

【最終回】君と夏が、鉄塔の上

たった一つしか取り柄のない僕だから、とにかくひたすらに頭の中を叩く。  僕と帆月を繋ぐものがあるはずだ。どんなに離れていても、ずっとずっと繋がっているものがある...

【84】君と夏が、鉄塔の上

「やあ」  出来るだけ明るく挨拶をしたのだけれど、帆月から返事が来ない。 「比奈山の家もすごかったけど、帆月もすごいところに住んでるんだね」 「別に、たいしたこ...

【83】君と夏が、鉄塔の上

やって来たのは比奈山で、比奈山は鉄塔を見上げたあと、ぐるりと公園を見渡した。 「また一人か」  比奈山はゆっくりとこちらへやって来る。 「お前も好きだな」 「何...

【82】君と夏が、鉄塔の上

僕は一歩、帆月へ近づく。  帆月は唇を噛み、身構える。  そこへ、スッと一人の男が近寄ってきた。  僕らがずっと後を追っていた、兎のお面の男。  男はやはり何を...

【81】君と夏が、鉄塔の上

その集団は誰もが浴衣姿で、自転車の接近に気が付いたのか、一斉に振り返った。どの顔にも兎のお面がへばりついていて、僕は思わず息を呑む。  取り囲まれ、道を塞がれて...

【80】君と夏が、鉄塔の上

自転車は地面とほぼ水平に、確実に空を飛んでいて、送電線と並走している。もうすぐ川に差し掛かる。  けれど、このままでは高度がありすぎて、送電線の上を通り過ぎてし...