『シフラ』がクリエイターズ特別賞を受賞しました

『シフラ』制作者のサイとです。
クリエイターズ特別賞をいただきました。
ありがとうございます。


『シフラ』はコチラからお買い求めいただけます。
https://uminabe.booth.pm/items/1383522


クリエイターズ特別賞とは

今回は、そんなインディーズのアナログゲーム情報に特化した冊子の編集長が「今まで掲載したゲームの中」からゲーム性だけでなく活動方法や企画方針等も総合的に考慮して賞を贈ってしまおうという企画です。(相手の企画者様は何も知らない状態です。)


紹介文の冒頭からおもしろいので記事にしました。


CIFRA+は表面上では分からないがアナログゲーム界隈ではかなり異色な存在である。

えっ?


制作者は物書きでありながらVtuberでもある。

そ、そんなに異色かぁ?(笑)
私の周りみんな物書きやVなんですよね。
でもたしかにバーチャルなアナログゲーム制作者って見かけませんね。

アナログゲームはもはや誰もがやってるし、UUUMだってゲムマに企業参加してたし、たまたま今は珍しいだけでこれから参入者は増えると思います。
Vは30代のオタク多いので、ボドゲ界隈と相性良さそうだからドンドン参入しろ!(参入しろ)


なぜこのアナログゲーム界隈に来たのかを一度だけ聞いたことがあるが、物書きらしい底の見えないような話だった。このゲームも、もしかすると彼の描く物語の一つなのかもしれない。

「私は私という物語を書いています」
そういう話だったかと。
物書きはみんな自分の人生を作品のネタに考えているんじゃないでしょうか。

何がネタになるかわからないし、いろいろ経験するのが良いと思います。
少なくともボドゲ作りは有意義な活動だと感じました。


ゲーム自体はアブストラクト(情報公開の盤面ゲーム)である。元々この界隈にいたのかと思うほど鮮麗されたゲームに仕上がっており、数字という普遍的なものを使いながら、新しい感覚で盤面ゲームが楽しめる。

印刷所に頼んだものは『CIFRA』が初なので、一作目にしてはよく出来た方かなと自負しております。
メカニズムで言うとグリッド移動を用いたドラフトゲームです。
40秒ルールの動画があるので、ぜひご覧ください。


制作者自身も知識欲が旺盛で、色々なところに顔を出し色々な人と話をして知識として吸収しているように感じる。今後の動きの注目度が非常に高いといえるだろう。また、他の界隈からこのアナログゲーム界隈に来て活躍するモデルケースにもなりえるだろう。

たくさん勉強させていただいております。
どの界隈でもそうだと思いますけど、初めてその界隈に入ったら、今その界隈でトップだと思う人に挨拶しに行くと良いのではないでしょうか。
その当時はトップは3人いると思ってて、その3人に挨拶をしに行きました。

活動のやり方を聞いたら快く教えていただけましたよ。
もし私をモデルケースにするならトップに挨拶しに行ってください。
今だれがトップか調べるところからがんばりましょう。


改めまして、クリエイターズ特別賞の受賞ありがとうございます。

編集長の伊勢村さんにはお世話になっております。
今後もよろしくお願いします。


また、他の受賞者の皆さんにも簡単にご挨拶を。

受賞した皆さん、おめでとうございます。
同じ誌に載った者同士、仲良くできれば良いと思っています。


「おめでとう!」の代わりにお賽銭箱を置いておきます。

  _____
 ∠∠∠∠∠|
 | 奉  納 |
 |_(゚Д゚)_|
  ⊂  ⊃
 ~|  |
  し`J

この続きをみるには

この続き:0文字

『シフラ』がクリエイターズ特別賞を受賞しました

如何屋サイと / 物書きV

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

主に短編小説・エッセイを投稿しています。時々、イベントの参加レポや旅行記です。ツイッターはこちら→ https://twitter.com/sait3110c

うれしみ
1

Virtual Life

バーチャルとリアルの行方
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。