マジメ君が大麻吸ったら。EP.0

はじめまして。

ウツになり、ソウになります。

最近警察に逮捕された事をきっかけに、

双極性感情障害

と診断されました。

21日間の勾留後、
即決裁判にて、

懲役6ヶ月 執行猶予3年

の判決を受け、
釈放されました。

罪名は、

大麻取締法違反

です。

鉛筆を持つ手から流血するほど勉強していた学生時代。
普通の生き方は絶対にしたくないと決意し、高校卒業から約10年。
その結果を、淡々と書いていこうと思います。
よくある、サクセスストーリーや自己啓発の類ではありません。
押し付けがましいメッセージ性もありません。

人と目を合わせたいから、書きたいと思っております。

わたしは、本の最後やSNSのプロフィールによく書いてあるような、

〇〇大学卒業後、〇〇を経て、〇〇設立

フリーライター/編集者

株式会社〇〇にジョイン

月間50万PVのブログ運営中

などの、いわゆる肩書きというものは一切ありません。

何の実績も残してこない20代でした。

18歳の頃からテレビの視聴を禁じ、

「ネットで情報を知る」という
安易な行為はダサいとし、

一時期インターネットからも完全に離れました。

携帯も繋がらない南アルプスの山奥で働いてみたり、
マイナー宗教団体にハローワーク経由で就職したり、
普通の生活からも離れました。

誰もがテレビやネットなどの情報を、
我がもの顔で語る
うすっぺらい状況にうんざりしていたのです。

自分の目で、耳で、
肌で確かめたものにこそ、価値がある。

既にネットで調べれば分かることであっても、
実際に体験するのと
しないのでは、
説得力が全然違う。

AさんとBさんがまったく同じ言葉を発しても、それぞれ違う言葉として聞き分けられる耳を手に入れました。

「2018年1月30日 13:25 」

自宅アパートにて、4人の警察官から囲まれ、通常逮捕されました。

その日のうちに、取り調べ室にて、"身上調査書"というものをとられます。

これは、被疑者の生い立ちを深いところまで聞かれ、その後の検察の捜査にも影響する重要なものです。

その時警部補に話した自分の生い立ちを、

さらに深く、次のnoteに書いていきたいと思います。

足掛け2年前に、スマホを手に入れ、noteという存在を知ったばかりの浦島太郎です。

装飾無しのリアルな内容です。
読んで頂けたら本当にうれしいです。

#note #エッセイ #人生 #生き方 #双極性感情障害


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

さいとう2.0

コメント2件

不謹慎かもしれませんが、面白かったです。今後も楽しみにしています。
偉大なる横紙やぶりさん、コメント&フォローありがとうございます。面白いと思って頂いて、嬉しいです。そこ狙っておりました。ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。