「Fire Emblem 」 第10詩

「Fire Emblem」 第10詩
 詩・益山弘太郎 / 写真・齋藤陽道


おい ダチ公

お前の胸にはまだ燃えてるか

俺達のFire Emblem

Motorbike Tourring

Motorbike Tourring

吹き荒ぶ風

俺達は斬って駆った

あの雪の日の朝

お前は転倒した

それっきり このざまだ

車椅子にべったりだ

一言も口を訊かなくなったお前

それでも お前はダチ公

お前はお前であり続ける

Fire Emblem

Fire Emblem

俺が今 胸に抱くこの鷹

そうさ ダチ公

こいつはお前さ

お前を自由にしてやりてえのさ

この空を駆ける鷹

そうさ

お前を自由にしてやりてえのさ

覚えているか

あの日のcrashを

お前のmachineは

粉々に砕け散った

俺はお前の脇をすり抜けた危うく俺も同じ運命だった今 

こうなってしまったお前のことは

俺が一生 守ってみせる

鷹よ翔びたて

地平線の彼方まで

一本道を駆け抜けろ

俺達の命

Fire Emblem

Fire Emblem

俺達の姿

Motorbike Tourring

Motorbike Tourring

※  繰り返し

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

0. 詩人・益山弘太郎さんのなれそめについて

1.ハーモニーの代表・新澤さんが益山さんについて書いたのコトノネのコラムがあります。おもろいです。
【超・幻聴妄想かるた、できました 新澤克憲】第4回 詩人と確認恐怖症

2.「益山さんの新詩集『益山弘太郎全詩集 未掲載もちょっとだけよ』(予価1,000円)があります。欲しい人は、zenshishuu@gmail.com まで『興味あります』とメール下さい。折り返し、入手方法について返信します。

3.「感動、」展で、益山さんとのイベントをやります。益山さんが詩を実際にその場でつくりあげます。めちゃくちゃたのしみです。詳細はこちら

トーク「詩の生まれるところ」&ワークショップ「幻聴妄想かるた−遊ぶ・語る・作る」
2019年3月23日(土)14時00分から16時30分まで
益山弘太郎(詩人)×齋藤陽道
就労継続支援B型事業所「ハーモニー」の皆さん
タイムテーブル:トーク 14時00分から15時00分まで/ワークショップ 15時00分から16時30分まで
幻聴、妄想、そして詩。何が異なり、何が同じなのか。統合失調症を生きる詩人と写真家。往復書簡を続ける二人の対話。後半は「幻聴妄想かるた」で遊んだり、自分でも作ったりしながら、心というものの不思議さや、そのトラブルについて思いを巡らせるワークショップの二部構成。
(注)ワークショップのみ事前申込・先着順(定員20名)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

めざしとごはんとみそ汁を野蛮に喰らおうぜ。
16

齋藤陽道

「永遠の世界とともに」

詩人、益山弘太郎さんが、ぼくの写真集『感動』を見て詩を書いてくれています。益山さんは、『幻聴妄想かるた』で有名な、就労継続支援B型事業所「ハーモニー」に通っています。 幻聴や妄想と詩の違いがぼくにはわかりません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。