「ヴィーナス」 第6詩

「 ヴィーナス」 第6詩
 詩・益山弘太郎 / 写真・齋藤陽道


流れ星が私を  

この星に連れて来た  

地球は蛍光灯のように  

光り輝いていた  

百合の花が流れ星に  

声をかけた  

私はオレンジ色の百合  

その子をTERRAに  

置いてゆきなさい  

流れ星は答えた  

駄目です  

この子はVENUSへ  

連れてゆくのです  

私は美しいが  

寂しい百合の花  

APOLLOが命じているのよ  

その子をTERRAに  

置いていって頂戴  

流れ星は仕方なく応じた  

分かったわ置いていくわ        

そんな会話が幼い私の  

脳裏を掠めてから  

一体どの位経っただろう  

20年の歳月が過ぎていた        

今は秋  

私は今日も渋谷を歩く  

ニックネームはヴィーナス  

友人達はそう呼ぶ  

晩秋の枯れ葉が  

私の心の奥では  

少しも哀しく感じていない  

私はそういう女の子に  

なっていた        

髪の毛が無いのは何故 !?  

うぶ毛が無いのは何故 !?  

身体中がツルツルなのは何故 !?  

何者も答えてはくれない  

心の奥では  

孤独感が塊になって  

日常に溶け込んでしまった  

すでに怨みも辛みも超えた        

ざわめく雑踏  

渋谷を包む  

日本を包む  

世界を包む  

神様が小物入れに入れた  

作品たち  

花も鳥も動物も人間も  

全てが孤独を携えている  

私は好きよ  

煌めくビーズが  

煌めくネックレスが  

私はそういうもので居たいの  

そしてまた何処かのお星様へと  

飛んで行く



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

詩人・益山弘太郎さんのなれそめについて


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ふすまのすきまからのぞいて見る、バナナは黄金色。
21

齋藤陽道

「永遠の世界とともに」

詩人、益山弘太郎さんが、ぼくの写真集『感動』を見て詩を書いてくれています。益山さんは、『幻聴妄想かるた』で有名な、就労継続支援B型事業所「ハーモニー」に通っています。 幻聴や妄想と詩の違いがぼくにはわかりません。
1つのマガジンに含まれています

コメント1件

素敵な詩と、それに「スキ」コメントでした。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。