不動産投資は投資じゃない。「サービス業」だ!

不動産投資というのは、そんなにバラ色の投資ビジネスではありません。

やってる本人がこんなこと言うのはおかしな話だと思いますが…。

人口減少社会に突入しました。

アパートの数はすでに飽和状態に達しています。

むかしに比べて、明らかに不動産投資を取りまく環境は厳しいものになってきています。

しかも今は低金利時代です。銀行は『不動産』というだけでバンバンお金を貸すようになってきています。

そのことによって、今まで不動産投資に縁のなかった素人の人まで、この業界に参入してくるようになりました。

その結果、不動産投資物件は空前絶後の高騰を続けています。

こんな高い値段で取得してしまったら、高利回りなんか期待できません。

全然、儲かりません。

だけど、物件がないからしかたなくみんな利回りの低い不動産投資物件を購入しているのです。

こんなおかしな現象はいつまでも続かないと僕は思っていますけどね…。

いま、不動産投資の世界に参入することは果たして賢明なのかどうかわからない時代になっています。

不動産投資で成功することは、以前よりも難しくなってきているのです。

アパートのオーナーは、そのような現状認識をまず持っておく必要があります。

人口はどんどん減少しているのに、アパートの数はどんどん増えつづけています。

誰がどう考えたって、需要と供給のバランスが崩れているのです。

こういう時代背景のなかで、アパートの大家さんは意識を変革しなければいけません。

いろんな意味で、もう今までのようにはいかなくなってきているのです。



(この記事は単品でも買えますが、「マガジン」でご購読いただいた方が圧倒的におトクです。)


この続きをみるには

この続き:2,153文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

僕は不動産会社でおよそ7年間勤務し、不動産の修行を積みました。その後、2011年に勤めていた不動産会社を辞めて、専業大家になりました。...

または、記事単体で購入する

不動産投資は投資じゃない。「サービス業」だ!

サカモトハルキ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

不動産投資でメシを食ってる僕なりのアパート経営術

僕は不動産会社でおよそ7年間勤務し、不動産の修行を積みました。その後、2011年に勤めていた不動産会社を辞めて、専業大家になりました。その後、法人化にもなり、おかげさまで黒字にもなりました。そんな僕が不動産会社時代から今日に到るまでに培ってきた『不動産投資のノウハウ』をいろ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。