【博物館評1】へんないきもの展3

池袋のサンシャイン水族館の特別展「へんないきもの展3」に行ってきました。我ながらゴールデンウィークのクソ混んでいる時期に行くなんて、バカなんじゃないかと思う。これは「へんないきもの」の著者早川いくを氏とのコラボで、生態や行動が変な生き物を厳選した特別展である。

率直に言えば展示物はそれほど数も質も目新しくはない。しかし解説文がとにかく面白い。クモヒトデをウハウハの気持ち悪さと言ったり、肉食の貝を必殺仕事人の貝と読んだり、思わず吹き出してしまうユニークなコメントが秀逸である。

真面目なことを言うと、こういう不真面目で笑える解説文はこれまでの博物館や水族館にはなかったものである。もっと解釈や表現がいろいろあってもいいと思う。ときには高尚な説明よりも笑えるコメントの方が印象に残るし、身近になりやすい。そう言う意味で参考になる展示だった。

この特別展は7月5日(金)まで開催しています。平日の夜9時までやっているので、デートにはこちらの方が行きやすいかもしれません。くれぐれも、ゴールデンウィークに行くような、クレイジーなことをやってはいけません。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。