『スイスメレンゲで作るマカロン(ピスタチオ)』レシピ

この続きをみるには

この続き:764文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

「レシピ集(¥300/月)」、「経営アドバイス(¥500/月)」、「質問箱(¥300/月)」、「フリー活動日記(¥500/月)」の4冊...

お菓子のレシピ集です。お店に並べている商品と、同じレシピです。 質問や要望があれば、どんどんコメントしてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

坂下寛志

レシピ集(2019年版)

お菓子のレシピ集です。お店に並べている商品と、同じレシピです。 質問や要望があれば、どんどんコメントしてください。
1つのマガジンに含まれています

コメント8件

ssakさん、こんにちは。返信が遅くなり申し訳ありません。平窯で焼いたことが無いので、正直わからなく、知人に聞いたところ、150度や155度で焼く事が多いみたいです。コンベクションに比べ、焼成時間は長めになると思います。
ありがとうございます!130度ではうまくいかないみたいなので、色々調整してやってみます。
こんにちは。生地がゆるくなってしまい、絞ってもいびつな丸になってしまいます?マカロナージュどころか、合わせただけなのですが、考えられる原因は何がありますか?
メレンゲの立て具合、材料自体などポイントがあったら教えてください。よろしくお願いします。
サキパパさん、こんにちは。
・卵白を冷凍卵白などの水分が多いものを使っている
・卵白の加熱不足
・メレンゲの立てが不足
この辺りでしょうか。
メレンゲの立て具合は最大です。
加熱はしっかり上げてください。温度計で測りづらいようなら、白っぽくなり、コンロから降ろすと少し湯気がでるような温度です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。