A1理論&たんたんとパンケーキオフ会

無職のオッサンとアフィ広告主ウォッチ青年と三人で朝っぱらから原宿のパンケーキ屋さんに行ってきました。

はじめは原宿っぽいかんじでよかったのですがその後トイレを探して竹下通りを奔走したり東郷神社へ行ったり、結局私の用事で新大久保のイスラム横丁へ寄ったのですが「やっぱりこっちが俺らのテリトリー」という結論に至り、そこからは「昔殺人事件のあったauショップ」、「俺がよく通った銭湯」、「親の借金の肩代わりを振り込みに通ったATM」などA1理論の思い出を辿る謎ツアーと化し非常に楽しい一日でした。

馬場で般若心経のような怪しげな呪文を拡声するイエスと名乗る爺さんの車とすれ違ったのですが、その日の夜に引退発表がはてブで流れてきて驚きました。


私たちはずーーーーーっと喋ってましたね。

協調性がないわけではないのですが自己主張の強い三人でした(笑)


A1&たんたんはよく二人で飲み食いに行っているらしいですが、今回は私も同行させてもらったという感覚です。

二人とも自分で考えて道を切り開いているたくましさがいいなと思っていて、そういう人は話していてとても楽しいです。

とくにたんたんに関しては、ずっと田舎でくすぶっていた頃は正直全く興味がなかったのですが、東京に来たと聞いてから「久しぶりに本当に行動する奴が出たな」と興味を持ちました。

彼は体当たりでシェアハウスを見つけ介護の仕事の渡り方を考えそれをブログに出力し、リアルタイムで面白いものを見せてもらった嬉しさが大きいです。


A1理論は不動のA1理論です。

私やたんたんのような癖の強いブロガーとつるみながらfacebookも使いこなしネット初心者の読者とも気軽に接するのは毎度のことながら器用だなぁと思う日々です。


私は私です。この三人で何を話したのかもせっかくなので書きたいなと思いますが、私はできる限り私の意見だけ書くべきかなと考えています。

文章というものは、自分のことを書いていても書き手と読み手には齟齬がつきものなのです。

ましてや他人のことを書いたとしたら、どこかで何かが余計にズレてくる可能性が高いのではないかと思います。

せっかくみんなブロガーなのです。

A1のことはA1が、たんたんのことはたんたんが語った方が良いと思うし、もし何も書かなかったとしても、ブロガーは「書かない」という選択肢も意思表示のひとつかなと思うので、余計に私がどうこう代弁気取りで何かを書くべきではないと思うのです。


というわけで、いろいろと話題にのぼった議題に関して私の発言を書くと見事に失礼かつ不謹慎のオンパレードになってしまうので次回有料にて限定公開します(笑)
なぜこんないちいち自主規制がいる性格になってしまったのだろう(笑)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

とれいC

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。