テクノロジーについての理解メモ

 まず、近年話題となっている技術、自動運転をはじめとしたAIやIoTを用いた技術について、技術の進歩よりもマーケティングやメディアが先行してしまっている現状がある。

自動運転
・既知
 場所を限定するなど、条件を付与する必要性
 完全無人自動運転は実現しえない
 管理システムプラットフォームがあればいいなあ
 テスラは過剰なアピールをやめていない

・未知
 道路から作るひつようがあるのでは
 街づくりの一環として自動運転の実証実験、自動運転に合わせた道路を引く

デジタルウェルビーイング
・既知
 治療よりも予防
 健康などの類の施策はそれについてある程度の興味や知識、危機感がある      人のみが恩恵を享受する可能性が排除できない
 検査を受けていないが何らかの病気、その予備軍である人口のほうが、治療中の人口よりも圧倒的に多い
 そういった方々が後々搬送や入院、長く苦しい延命治療により生き永らえ、結果として社会保障費を巻き上げていく
 治療してない、もしくはこのままでは治療しなければならない人にリーチが必要ではあるが、そういった人には健康というワードは忌み嫌われやすい
 意識させずに健康を志向させる取り組み
 デジタルデバイスによる管理

・未知
 歩きたくなる道
 楽しい健診(?)

データ利活用
・既知 
 アウトプットデータはその産業でのみ入手できる
 ex.自動車、医療
 GAFAにはできないこと

ロボティクス
・既知
・未知
 家の家事をロボットに代替する場合、工場の安全地帯ようにロボット部屋を作り、そこではロボットのみに稼働してもらい、人間は入らないようにすれば事故は起こらないし制御も簡単になりそう
 現在機械を作る際、半導体(NVIDIA)など海外の製品を要素部品として購入する必要があり、その値段が後々の価格高騰を招いている
 日本国内で要素技術の開発を進めて安く買えるようにしなければならない


随時加筆。。。

#テクノロジー #AI #IoT 
#自動運転 #デジタルウェルビーイング #データ利活用 #ロボティクス

https://open.spotify.com/track/3KePUInBEIUBmMe96uJVFD?si=6IRDGZXjTB-Ryuodt_cgqQ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

とけた電柱

公共政策を専攻する学生 政策とテクノロジーに関する所感、メモ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。