天の邪鬼なふたり

 朝か昼かわからぬ時間。

ばたばたとお風呂場へ向かう君。

朝シャンには遅いし、今日は特段汗をかくほど暑くはない。

窓からは心地よい風がふき、陽気もぽかぽかとしてる。

まるで青空の下にいるようだった。

僕は、また眠気に襲われぼーっとしていた。

すると、

「ねえ、このシャンプー金持ちのオバサンみたいな匂いじゃない!?」

君は、「嗅げ!」と言わんばかりにシャンプーを僕の鼻に近づけていた。

ピンクのラベルが貼られた緑のボトル。

僕の家のお風呂場に、勝手に置いていったそれ。

僕は、突然のことにわけもわからず、

「そんなに近づけたら匂いなんてわからないよ。」

と、ボトルから顔を離しながら答える。

すると君は不服そうな顔をしてお風呂場へ戻っていく。

花畑のような優しい香りがふと僕の鼻を掠める。

君の髪が太陽に照らされて、美しく光る。

本当は、近づけなくてもにおいなんてわかっていた。

さっきのは嘘なんだ。

僕が好きなんて言ったら天の邪鬼な君のことだから、

「じゃあやーめた。新しいの買ってこよ。」

言うと思ったんだ。

本当は好きだよ。

シャンプーの香りも、君も。

これは内緒ね。






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

七咲。

男の子、女の子。

恋とか愛とかしたかった。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。