見出し画像

【考察】女性ファッション誌の表紙がシンプルになってきた理由

mina最新号の表紙タイトルを見てはっとした。

めっちゃシンプルになっとる。

ファッション誌の表紙って、その号の特集名がずらーっと並んでるのが定番ですが、登場するモデル名とともにうっすーくちっさーく隅に追いやられています。

代わりに目立つのは「週末デニムと和スイーツ」という第1特集タイトルの手書き文字。これはこれでインパクトのある表紙だなーと思います。

徐々にシンプル化しているmina

数年タームで見てみると、実は徐々にシンプルな表紙になってきていたようです。

1年前。

2年前。

3年前。

4年前。ここで雰囲気が変わる。

そして5年前。

こうして見ると、2015年〜2016年あたりでガラッと変わっていることがわかります。

他の雑誌も調べてみました

全部が全部じゃないですが、他の雑誌でもシンプル化は進んでました。大きく変化が見られたのはこのあたり。表紙の文字量や、その占める面積を比較しながらご覧ください。

今年のCanCam

4年前のCanCam

今年のRay

4年前のRay

今年のsweet

4年前のsweet

今年のJJ

4年前のJJ

文字の詰め込み方が全然変わっちゃってますね(特にCanCamの変貌ぶりスゴい)。20代向けの雑誌ばかりなのも興味深いです。

多くの雑誌が、この4年で大きくその見た目を変えてきているのには、きっと理由があるはず。その理由を僕なりに考察してみました。

(※ここからは仮説もふんだんに含むので、興味ある方だけ読んでください)

この続きをみるには

この続き:1,610文字/画像2枚

【考察】女性ファッション誌の表紙がシンプルになってきた理由

桜川和樹

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート特典としてテスト的に、これまで3万件以上のタイトルをつけた僕が記事のタイトル協力します。気軽にご相談ください。

ありがとうございます!参考になれば嬉しいです♪
182

桜川和樹

NAVERまとめ編集長。LINE MOOKの立ち上げ担当/九州芸工大→R25式モバイル→LINE/モバイル編集歴15年/雑誌『ケトル』連載中Twitter→https://twitter.com/sakucchi

編集生活

編集にまつわる日々の思いつきなどをぼちぼちと更新していきます。
8つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。