インターネット業界と政治の関係。楽天やドワンゴのロビー活動

参議院選挙が終わり、次は都知事選と選挙が続く今日このごろ。今回はあまり世に情報の出ていないインターネット業界と政治についてです。

日本のインターネット業界の政治への取り組みについてどのくらいの人が把握しているだろうか。

例えばアメリカに目を向けてみるとGoogleの親会社アルファベットが2015年に投じたロビー活動費用は1,670万ドルとなっており、おそらく日本のインターネット業界全体が投じたロビー活動費用を大きく上回るだろう。

もちろんアメリカと日本の政治の仕組みは大きく違っており、献金を受けやすいアメリカの文化だからということもあるが、それにしても日本のインターネット業界は政治活動について非常に弱い。

ここから先は有料となります。ノート単品だと300円ですが、月額700円の有料マガジン「IT業界がよくわかるマガジン」を購入頂くことでも閲覧が可能です。

有料マガジンは週2本程度更新予定ですのでお得です。

※「IT業界がよくわかるマガジン」は定期購読開始月以降の更新月の作品のみ閲覧可能です。


この続きをみるには

この続き:2,338文字/画像1枚
記事を購入する

インターネット業界と政治の関係。楽天やドワンゴのロビー活動

桜庭涼

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

桜庭涼

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。