「へうげもの」の茶室ー2

「燕庵(えんなん)」

三畳台目の茶室

利休の弟子で、将軍家の茶道指南役、天下一の茶人となった古田織部の作と伝えられています。

武家流の茶室の基本形となった燕庵形式です。その最大の特徴は相伴席を設けていることにあります。

客が特別な貴人ではない場合は、襖を取って四畳台目の座敷としてゆとりをもって使うことができます。

織部はまた窓を多く用いる意匠でも知られ、燕庵には全部で十窓もあります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

支援は100円から1万円まで自由に設定できます🍵皆さまからの応援が励みになります!いつもありがとうございます😃✨

僕もです😍😍
5

@茶室建築(Tea-Room)

日本の誇る「茶室」という空間が好きです。伝統建築の魅力が伝わるようにがんばります! https://www.instagram.com/Sakurada.wa/

Oribe's Tea-Room🍵

「へうげもの」の名で知られる、武将茶人・古田織部の茶室を集めました! TwitterやFacebookでのシェア大歓迎です!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。