最近の話

自分の言葉を何人の人が使っているんだろう。

連日嫌なニュースばかり目について気が滅入る。放火事件、YouTuberの炎上商法、お笑い界のなんとやら、選挙投票率、いろんな人が口々に、口々に意見を述べる。

目に入るしわたしだって思うことがないわけじゃない。それでも、それでも口に出せないのは無関心だから、だけではないと思う。

こんな人がいるなんて、許せない、憎い、堪え難い、様々な感情がごちゃまぜのTwitterタイムラインは見るだけで疲弊する。

ノリが、芸能人不倫ネタで騒ぐのとなんら変わりないように見えるのはなんでだろう。

強い言葉は引力がある。
さっきまでそんなことなかった方向へ、ぐんと引っ張られることがある。

そして上記のトピックに関してみんな引力に引っ張られて巻き込まれている。ように見えるから不快。

Twitterは、言葉が流れるプール或いは回転寿司のようにまわってくるんだもんな。

それまで別に問題視してなかったことが、何度も何度も似たような批判を見かけるたびに「これは一言物申さなければ」という気持ちになる。

放火事件はかなしいしYouTuberは悪ふざけだと思う、選挙の投票率が上がらない一端を担っているのはわたしだ、今回も住民票は地元にあって手続きも踏めなかった。


引っかかるのは、例えば炎上商法について。

「過去にこういう経験がある人を嫌な気持ちにさせる」「信じて心配した人の気持ちを踏みにじった」「どうせヤラセなんじゃないの、という空気を作った罪は重い」

まあたしかに、悪ふざけだなあとは思う。
それでも、過去にセクハラパワハラを受けた人が言うならまだしも、「そういう人から見て不快」

信じて心配した人がかわいそうなんて余計なお世話にもほどがある、当事者が言うならまだしも「彼らに失礼だ」

だ、だ、代弁者〜〜!

やめなよ!〇〇ちゃんがかわいそうでしょ!

と言うアレと似ている。

「本人が嫌がっている可能性」があるからこその発言、ただその想像力は「嫌がってない可能性」も入れていただきたい。

本人の意思は本人で伝えるべきだという意見は、通りますでしょうか。

それから、Twitterはミュートやブロックという機能がついている。万人に賛同される言動は存在しない。そして、それは時代によっても変化する。

近しい人は当事者に物申せばいいけれど、そうじゃないなら何にも言えないんじゃないでしょうか。

さらに、僕ら日本人は同調圧力種族だ。

ひとりが批判を始めた時は「なんか言ってるな」くらいにしか思わないのに、周りがこぞって批判した途端、自分も批判しなきゃいけないような気持ちになる。のかもしれない。

誰かの喧嘩に人が立ち入ることは許されない。
物申すのは当事者であるべきだ。

勿論ご自分の意思で、ご自分が当事者となって発言する場合は上の話全て関係のない話だけれど。

自分の言葉が誰かの、もしくは見えない「みんな」の言葉に引っ張られたものじゃないか、今一度自分の頭で考えるべきだと思う。

そんで、心が荒んだらTwitterもInstagramも閉じて、おいしいものを食べて寝るに限る。

ご機嫌に生きるのが僕ら大人の使命だよ、
ハッピーな毎日を。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

sakura*

22. 来世はねこになりたい / 思考回路の墓場

雑談日和

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。